お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

モテるのはいつもあの子! 女性が恋愛格差を感じるとき

沢宮里奈(婚活マッチメーカー/コラムニスト)

いつも異性から好意を抱かれる「モテる人」がいる一方で、残念ながらいつも異性の興味を引くことができない人もいます。近年、こうしたモテる人・モテない人の「恋愛格差」が拡大しているといわれてます。では、なぜこうした格差が生まれてしまうのでしょうか? 今回は恋愛格差を感じる女性の意見を募るとともに、専門家にその原因を聞いてみました。

女性が「恋愛格差」を感じる瞬間

まずは、実際どんなときに「恋愛格差」を感じるのか、女性に聞いてみました。

合コンの悲しい思い出

・「飲み会でかわいい子には質問攻めだが、自分には誰も興味を示さなかったとき」(33歳/その他)

・「合コンでかわいい子だけメニューを聞かれていて、ほかは自分で頼めと言わんばかりだったこと」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

合コンはいわば戦場。やはり「かわいい」という最強の武器を持っている女性とは差ができてしまうようです。

まさか、店員さんまで!?

・「かわいい子は飲食店で先に案内してもらえた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「お祭りの屋台で美人の友だちだけが大盛りだった」(31歳/情報・IT/クリエイティブ職)

せめて店と客のやり取りでは恋愛格差を感じさせないようにしてほしいですよね……。

みんな、美人には甘い!

・「かわいい子だと、少し体調を崩しただけでも心配してもらえる」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「仕事のミスとかもかわいい子には甘い」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

職場で相手の容姿によって態度を変えるのは、もはやセクハラでは!?

自分と比べて……

・「かわいいらしく愛嬌のある子には誘いが絶えないが、その輪の中に入っていけない自分を残念に思ったことはある」(26歳/団体・公益法人・官公庁)

・「自分よりも若くてきれいな子・かわいい子がそばにいると、自然と自分が引き立て役になってあまり相手にされてない感じになるのが嫌」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

近くにいるきれいな女性と比較されたことで、恋愛格差を痛感した女性も多い様子。仕方がないことはわかっていても、うらやましく感じてしまうのも事実でしょう。

なぜ、彼女ばかりがモテるのか?

・「かわいくてやり手な女友だちの元彼とのエピソードが、愛されまくりの内容でうらやましかった」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「かわいい子は彼氏が途切れない」(28歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

モテまくる女性はいますよね。その人を観察すると、恋愛格差を埋めるための秘訣が見えてくるかもしれません。

明らかにそこにある格差

・「私に話しかけてくれる人は、みんなあまりイケメンじゃない」(26歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「私だけアドレスを聞かれない」(26歳/学校・教育関連/専門職)

女性もできればイケメンと話がしたいと思うでしょうから……これはお互いさま!?

体形が生み出す恋愛格差

・「背の低い女性が重い物を持っていると『無理しないで』と代わるのに、背の高い女性には『これ重いから運んで』と言っている男性を見た。ひどい『恋愛格差』を感じました」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ぽっちゃり時代が来たと女性誌では言うけど、恋人がいるのは顔がいいかスタイルがいい子が多いので、女は結局外見なのだと思う」(27歳/機械・精密機器/技術職)

「重いから運んで」はさすがにひどいですね……。身長にコンプレックスのある男性からの逆恨みの可能性も!?

かわいい子は得をする

・「共同であげたバレンタインチョコのお返しが、かわいい子だけちがうものだった」(29歳/情報・IT/営業職)

・「職場でかわいい子だけがみんなから誕生日にプレゼントをもらう」(28歳/電機/技術職)

ここは差をつけてはいけないところですよね。ただ現実は厳しいようです……。

シチュエーションはちがえど、かわいい人とそうでない人との間には大きな隔たりが生じるのが現実のようです。残念ながら恋愛格差は確かにあるといえますね。

次ページ:恋愛格差が生まれた原因とは

SHARE