お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

未婚女子のリアルな本音! 既婚女子にだけは絶対相談したくないこと・4選

友達同じ女子なのに……なぜか「違い」を感じてしまう「未婚女子」と「既婚女子」。「あんなに仲良かったのに、一方が結婚した途端疎遠にというエピソードも、よく聞きますよね。両者の間には、深い溝があるのかもしれません。今回、未婚女子が既婚女子には相談したくないことを聞きました。

【女性は騙されちゃダメ! 絶対結婚してはいけないNG男性の特徴4選】

■恋愛のこと

・「彼氏との時間も楽しいけど一人の時間も楽しくてまだ結婚しなくてもいいかなーと思っている、という本音。既婚女子には『結婚は早いほうがいいよ!』と言われて終わりそうだから」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「恋愛相談をしても、もう気持ちがわかってもらえなさそう」(24歳/商社・卸/事務系専門職)

女子トークの定番と言えば、恋バナ! ただしこれは、「お互いに披露し合うこと」が前提のトークです。すでにゴールを迎えた女子に話しても、共感を得られないのかも……!? 既婚女子のセキララ恋愛をぶっちゃけられても、正直困りますしね。

■結婚のこと

・「結婚すべきか迷っているとき、既婚女子だと『しちゃえば?』的な答えしか帰ってこない」(26歳/金融・証券/事務系専門職)
・「結婚式について、もったいないとか節約話に終わる」(28歳/電機/技術職)
・「結婚について。普段文句しか言っていなくても結婚した方が良いと勧めるから。ただ仲間を増やしたいだけに感じる」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

結婚生活の先輩である既婚女子。ためになるアドバイスを聞けそうな気もしますが、「これだけは嫌!」と思う女子も少なくないよう。そんなつもりはないのでしょうが、どうしても「優越感」を感じ取ってしまうのかもしれません。

■お金のこと

・「お金がらみのこと。やはり独身は好きなことにお金をいくらでも投資できると思われているから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「エステとか美容とか化粧品のこと。これだから自由にお金使えていいよねって思われそう」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

未婚と既婚では、お金の使い方もガラッと変わります。理解を求めるのが難しい……という意見も目立ちました。ほんの数年前までは自分と同じ考えをしていたはずの友達が、なんだか遠く感じてしまいそうです。

■仕事のこと

・「既婚女性が専業主婦だと仕事のことは話しにくい。仕事のことなど興味ないかんじでただ聞いてもらうだけになるから」(26歳/金融・証券/専門職)
・「仕事の愚痴は、専業主婦の子にすべきことではないと思う。相手も返す言葉に困るだろうし、こちらとしても期待しているアドバイスは得られないと思う」(28歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

「働いている女子」には、「働いている女子」にしか分からないことも。女子の会話にとって何より大切な「共感」が得られないのなら……正直話す気分を萎えてしまうのかもしれませんね。

仕事のこと、恋愛のこと、お金のかかる趣味のこと……女子トークの定番ネタがNGとなれば、徐々に疎遠になってしまうのも、無理はないのかもしれません。今はそっと距離を置いて、お互いの関係に変化が訪れたときに、交流を復活させるのがベストかも……?

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数158件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]