お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

うわ、ちっさ! 女性がドン引きした「ケチケチ男」の特徴4選

金銭感覚がしっかりしているではすまないほどのケチな男性って、女性から見るとあまりいい印象ではないですよね。節約術を駆使するのはいいけれど、あまりにケチすぎるのはちょっと……という女性も多いはず。今回は女性たちが見た、ドン引きするほどケチな男性の言動を集めてみました。

■不公平なワリカンを押し通す

・「一緒にご飯食べに行って私はお酒を飲めないからジュース2杯とかなのに、相手はすごくいっぱいお酒を頼んでおきながらきっちりワリカン。あり得ないと思った」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ワリカンした上端数は相手に払わせる」(31歳/自動車関連/技術職)

・「友だちが映画に行ったときにひとり1,500円で、女性のほうは細かいのがなかったので2,000円出したら、男が1,000円出してそのままだったらしい」(26歳/医療・福祉/専門職)

会計をワリカンにすること自体はいいとして、明らかに食べる量や飲む量がちがっている相手に配慮しないというのは「懐が小さいな」と思ってしまいそうですね。

■必要なお金も出し渋る

・「プレゼントを古着屋で購入し、ラッピングし直して渡していた」(31歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「靴などが壊れても、テープで留めてくる。虫歯も治さない」(31歳/学校・教育関連/技術職)

物が壊れても買わず、人へのプレゼントもできるだけ安く上げようとするようなお金の使い方は、節約ではなく正真正銘のケチですよね。

■人におごってもらおうとする

・「ひと回り以上年上なのに、女性に全額おごらせる人。お金がないわけではないのに」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「やたら財布を忘れたっておごってもらおうとする人」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

ワリカン以上にセコイなと思わせるのが、人におごってもらおうという態度が見え見えな人。何度も財布を忘れるような人や、年齢も地位も自分より上なのにおごらせようとする人とは、二度と食事に行きたくないと思ってしまうかも。

■無料のものが大好き

・「スーパーやデパートの試食を何度もして、おなかを一杯にしようとする男性です」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「駅でティシュを配っているとき、何度ももらう人」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

無料と聞くと何でももらおうとする男性もケチケチしすぎてるイメージ。ケチなのか、しっかりしているのか微妙なところではありますが……。

ムダ遣いをする男性よりお金をしっかりと貯めているケチな男性のほうが、結婚相手には相応しいかもしれませんよね。ですが、必要なお金も使わないという人は、ちょっと考えもの。使うべきところとそうでないところの感覚がちがいすぎる男性とはお付き合いも難しいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数178件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]