お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ビューティ

もう勘弁して! 彼氏に振りまわされた、「疲労困憊女子」のつらい恋バナ5選

大好きな彼のためなら、多少のことは我慢できてしまいますよね。でも、好きな人に合わせすぎて、何かと振りまわされて疲れてしまった恋の経験、あなたにはありませんか? そんな疲れる恋を経験した女性たちの話、じっくり聞いてみましょう。

■彼氏の予定に合わせるのが疲れた

・「予定がいつも急で合わせるのが大変だった。いつしか苦痛に」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分は仕事が忙しいと会ってくれないのに、こちらが忙しくても自分が会いたいときは構わず会いに来る」(25歳/電機/事務系専門職)

・「ドタキャンをされると精神的にも肉体的にも疲れる」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「彼氏が忙しく、その都合でデートが何度も変更になったこと」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

彼氏が仕事で忙しく、そんな相手に自分の都合を合わせていくのが大変だったケースも。デートのドタキャンが続くと、気持ちも折れてしまいそうですよね。

■気分屋の彼氏に疲れた

・「気分屋で機嫌取りが大変だった」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「わがままで、機嫌が悪いとすぐケンカをふっかけられる」(27歳/建設・土木/販売職・サービス系)

・「気分の浮き沈みが激しく、慰めたりするのに疲れた」(22歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

気分にムラがあったりする相手に、いつも気を遣っていた、という人も。やさしかったと思ったら急に怒り出したり……顔色をうかがってばかりでは、すっかり疲れてしまいそうです。

■連絡してこない彼氏に疲れた

・「連絡がなかなか取れず、私だけイライラさせられたこと」(31歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)

・「自分が寂しいときだけ連絡してくる」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「連絡をくれない相手にずっと待っていたのが疲れた」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

なかなかこない連絡を待つのは、かなり疲れることですよね。不安や疑心暗鬼で頭がいっぱいになってしまいそうです。

■逆に束縛も疲れた……

・「1カ月のスケジュールなどまで追及されるようになった」(23歳/農林・水産/その他)

・「毎晩電話されていたときがあって、疲れた」(26歳/金融・証券/営業職)

・「誰とどこに遊びにいくのか毎回確認されたこと」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

毎日予定をチェックする束縛気味の彼氏に疲れた、と話す女性も。あまりにも度を超すと、ちょっと嫌気が差してしまいますね。

■お金の問題で疲れた

・「仕事で必要とか、家が大変とかで、万単位でお金を借りていた元彼。返却を迫ると逆ギレ」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「生活に困っているからお金を貸してと、会うたびに言われ疲れた」(28歳/金融・証券/営業職)

お金を貸して、と会うたびに言われていた、という女性たちも! こういう男性とは、できることなら、早々に別れたほうがいいのかもしれません。

■まとめ

恋愛はなかなか思うように進まず、時に心も体も疲れてしまうことがあります。嫌われたくない一心で、相手に合わせてしまいがち。そんなとき、一番大事にすべきは自分自身だということ、忘れないでおきたいですね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数198件(22〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]