お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

体に染みわたる旨さ。鶏ダシ塩スープの「とりそば」850円―湯島の人気ラーメン店「天神下大喜」

鶏の旨みたっぷりのスープ、鶏チャーシューが特徴的な「とりそば」

一口にラーメンと言っても、味やダシの種類は無数にある。中でも、あっさり感とコクをあわせ持つ「鶏」ベースのラーメンが好きな人も多いのではないだろうか? 最近のラーメン界では、鶏白湯スープが注目を集めているようだが、文京区・湯島エリアにある「天神下大喜(てんじんした だいき)」は、15年前から鶏にこだわり続けてきた実力派だ。

【アメリカ人がハマったインスタントラーメンの新しい食べ方】

●飲み干したくなる無化調スープ
看板メニューは「とりそば」850円。スープのベースは、鶏ガラと煮干しなどの魚介。そこに塩ダレをたっぷり加えている。最近流行りの鶏白湯のような白濁系ではなく、きれいに澄んだスープだ。鶏の旨みと塩味が、全身に染みわたるよう。

化学調味料は不使用とのことなので、飲みすぎには気をつけつつ、存分に堪能したい。
麺は、塩スープに合う細麺。トッピングは、メンマ、ネギなどの定番野菜類に、鶏肉チャーシュー、鶏そぼろと、鶏づくしでかなり豪華。店主の武川さんに、なぜトッピングまで鶏にこだわるのか聞いたところ、「単に鶏が好きだから」と明瞭な答え。

ほかにこだわっているのは、「スープも麺も自家製ということくらいですかね。自分で選んだ素材を使って、丁寧に一から作っています」。日本料理を20年間修行したという武川さん。「とりそば」は、その真っすぐな姿勢を表すような繊細かつマジメに旨いラーメンだ。

さらに清涼感、さっぱり感を求める人には、「うめしおらーめん」830円もおすすめ。ベースは「とりそば」と同じだが、紀州南高梅を叩いてペーストにしたものが混ぜ込まれていて、酸味がたまらないメニュー。こちらは、特に女性に人気とのこと。

小さな店なので、土日や昼時は順番待ちになることも。ピーク時間を少し外した方が、スムーズに入れそうだ。

【店舗データ】
店名:天神下大喜
所在地:東京都文京区湯島3-47-2 白木ビル1F
営業時間:月~金/11:00~15:00、17:30~22:00
土/11:00~15:00、17:30~21:00
日/11:00~16:00頃
祝/11:00~20:00頃(材料がなくなり次第終了)
定休日:なし
HP:http://www.daiki1999.com/
メニューはすべて税込価格

【その他メニュー】
・特製とりそば(特製とりわんたん、味玉入り)950円

お役立ち情報[PR]