お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

自分のヒップ、正面から見たことがない人は6割以上―ワコール調査

ヒップに関する意識調査

ワコールは、男女を対象に「ヒップに関する意識調査」を実施した。

【美尻になるためには? 女性が実践する「ヒップケア」3選】

同調査はインターネットで、男性2014年7月11日~7月14日、女性2014年7月11日~7月27日の期間に行い、男性824名(20代~50代)・女性953名(10代後半~60代以上)の計1777名が回答した。

自分のヒップを正面から見たことがあると答えた女性は、全体の37.6%と、6割以上の女性が見たことがないと答えている。

見たことのない理由として、最も多かったのが「見るのが難しい」で、次に「見たいと思わない」、「機会がない」、「意識したことがない」が続き、自身のヒップへの興味のなさ、関心の低さが伺える一方、見たことがある人の約9割は「鏡で見た」と回答している。

男性が気にしている女性のパーツの1位は「顔」で2位は「バスト」、3位が「ヒップ」。

男性は女性の顔だけでなく、からだにも関心があるという結果だったが、女性がお手入れを重視しているパーツのトップ3は、1位から順に「顔」、「髪」、「肌全体」で手間暇を掛けているパーツの上位は「顔」周辺に集中しており、“ヒップ”と答えた女性はわずか8.7%だった。

女性が理想とするヒップの1位が「上向き・ヒップアップ・下垂していない」、2位が「丸い・ふっくら・プリっとしている」。「小さい」が4位に入っているのに対して、男性が理想とする女性のヒップは「大きい」が「ヒップアップ・シルエット」に次いで2位だった。

自分のヒップに変化については、「下垂してきている」(73.8%)、「大きくなっている」(39.2%)といったネガティブ傾向の回答が大半を占め、「以前よりもヒップアップしてきている」と評価しているのはわずか3.0%という結果。

またキレイに見えるなら「ガードルのチカラを借りたい」と答えた女性は63.7%に上るものの、ヒップのために何かいいことを行っている人は約4割、そのうち「ガードルを着用」と回答した人は11.3%に留まった。

(エボル)

お役立ち情報[PR]