お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

本命対象になる? ならない? 「こじらせ女子」に対する男子のホンネ

男性に対してなかなか素直になれず、つい皮肉を言ってしまったり、自分に対して卑屈になっている女子のことを、巷では「こじらせ女子」と呼ぶみたい。男性は、そんな「こじらせ女子」でも本命対象として見てくれるのでしょうか。そこで、社会人男性に「こじらせ女子」でも本命になる派と本命にならない派、それぞれの意見を聞いてみました。

<「本命になる」派の意見>

■こじらせているところがかわいい

・「愛らしいな、と感じる」(25歳/農林・水産/技術職)

素直になれないところがかわいい、と「こじらせ女子」に対して寛容な男性の意見が寄せられました。

■内面を考慮

・「性格次第ですね」(31歳/情報・IT/技術職)

皮肉を言ってしまっても、実はいい子だった……。そんな「こじらせ女子」なら、本命となり得るのかもしれませんね。

■外見がよければOK!

・「かわいかったらOK」(26歳/電機/営業職)
・「かわいければ何でも許される」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「こじらせ女子」でも、外見がかわいければ本命対象になる! という人も。

<「本命にはならない」派の意見>

■「こじらせ女子」に苦手意識アリ

・「言葉がキツい女子は苦手なので」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「上から目線で話されるのは好きじゃないし、かわいいと思えない」(25歳/不動産/営業職)
・「イライラするので本命には無理です」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

本心とはちがうとはいえ、キツい態度をとりがちな「こじらせ女子」に苦手意識を持っている男性もいるようです。

■長く付き合えなさそう

・「結婚後も生活がうまくいかないと思う」(31歳/金融・証券/専門職)
・「付き合ってもめんどくさそうだから」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)

ずっと一緒にいることを考えると、理由もわからず不機嫌そうな女子は敬遠されてしまうようです。

「こじらせ女子」自体が苦手という人もいましたが、ほかに魅力的な要素があれば大丈夫、という人も。ただ、一番いいのは「どうせ私なんて……」のような思考から卒業することかもしれませんね。

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年5月にWebアンケート。有効回答数54件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]