お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 愛されメイク

まだまだ油断大敵! 女子に聞く「メイク崩れの対処法」

9月に入りましたが、まだ「暑い!」と思う日もありますよね。汗ばむ時期は、どうしてもメイク崩れが気になるもの。そこで、「メイク崩れの対処法」について、働く女子に聞いてみました。

■下地にこだわる
・「なるべくいい下地を使うようにしている」(25歳/小売店/販売職・サービス系)
・「ベースメイクにテカリ防止のクリームを使っている」(27歳/ソフトウェア/技術職)
・「皮脂を少なくする下地を使っている」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「汗にも強いと言われている下地を使うことが多いです」(30歳/生保・損保/営業職)

汗によるテカリを気にする人は、専用の下地を使っている人が多いようです。皮脂を少なくしたり、汗にも強い下地クリームは、メイク崩れ防止の強い味方ですね。

■厚塗りしない
・「ファンデをあまり厚く塗らずに、薄づきにする」(30歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「ベースメイクのあと、余分な粉をブラシでたたいて落としています」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

厚塗りをしないように、意識している人も。

■こまめなメイク直しでテカリ予防
・「こまめに化粧直しをする」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「汗を拭きとったり、あぶらとり紙でしっかりオフします」(30歳/人材派遣・人材紹介/営業職)
・「あぶらとり紙などを有効に使う」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

こまめなメイク直しは、キレイな状態をキープするのに大切ですよね。あぶらとり紙で皮脂をとる、という人もいました。ただ、皮脂のとりすぎはあまりよくないそうです。ティッシュオフで余分な皮脂をおさえる、くらいがいいそうですよ。

■汗をかかないようにする
・「極力汗をかかないようにしています。日陰を歩く、早歩きしない、冷房の効いた部屋にいる、など」(27歳/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)
・「冷たい保冷剤をタオルに巻いて持ち歩いて、汗をかいたときに顔に当ててクールダウンさせている」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「汗をかかないようにクーラーの下にいる」(28歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

メイク崩れを防ぐために、汗をかかないようにする、という人も!

メイクが崩れないようにするために、みなさんさまざまな対策をとっているんですね。崩れにくさがウリの化粧品も多く発売されているので、季節や環境に応じて、臨機応変に化粧品を使いわけるといいかもしれませんね!

※画像は本文と関係ありません。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年7月にWebアンケート。有効回答数212件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]