お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ヤバイかも! 思わず告白をOKしてしまうキラーフレーズ「彼氏に立候補しちゃおっかな」

好きな男性から告白されたら、これほど幸せなことはありません。どんな言葉だってうれしいですが、そうではない相手の場合はどうでしょうか? 今回は働く女性に、思わず告白をOKしてしまうキラーフレーズを告白してもらいました!

■ストレートに「好き」と言って!

・「好きすぎて無理とか言われたらヤバイと思う」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「大好きだよ! とテレながら言われたら……」(27歳/医療・福祉/専門職)
・「ずっと好きだった。彼氏がいても自分の気持ちは変わらない……など、気持ちの真剣さが伝わるワードを言われたら弱いかもしれない」(28歳/不動産/事務系専門職)
・「好きやねんけど、付き合ってくれへんかな(関西弁)」(29歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

同じ「好き」でも、方言や言い方によっても心にグッときそうです。ちょっと照れながら言われたら、キュンとしてしまいます。

■キーワードは「君」

・「君みたいな彼女いたら、いいのにな。楽しそう」(24歳/建設・土木/クリエイティブ職)
・「君がいないと俺はダメになる。ずっと一緒にいてほしい」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

一見、よそよそしく感じるかもしれませんが、「君」というフレーズにときめく人も。さらに情熱的なフレーズがプラスされたら、付き合ってからも自分のことを大切にしてくれそうと期待してしまいます。

■気の利いた言い回しに胸キュン

・「好きな人からの、今日から俺の彼女ね!」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「彼氏に立候補しちゃおっかな……って言われたこと」(30歳/建設・土木/事務系専門職)
・「年上の彼氏が、シャイに彼女になる? って言ってきたとき」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「何かあったら、俺に言え! と言われ、何かドキッとした」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

さり気ない言葉なんだけど、ハートを盗まれてしまいそう。本人は意識していないかもしれませんが、男前なセリフに女子は弱いんです!

■グイグイ引っ張ってくれそうな台詞にノックアウト!

・「カベドンで告白」(28歳/学校・教育関連/専門職)
・「付き合ってよかったと思わせる!!」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「俺の女になれ。とか命令口調でカッコイイ人から(カッコよくなったらアウト)言われたらクラッときますよね」(29歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「彼氏がいたときに、別の人から、『待ってるからいつでも俺のところに来い 』と言ってくれた」(22歳/機械・精密機器/技術職)

「壁ドン」はあこがれのシチュエーション。「俺の女になれ」も古風な言葉だけど、ドキッとしてしまいます。

■真剣な気持ちに応えたくなる

・「一緒に過ごしたいから、お願いします」(30歳/学校・教育関連/専門職)
・「一目ぼれです! と言われたときはうれしかったです」(27歳/ソフトウェア/技術職)
・「どれだけ私のことが好きかを必死で伝えてくれるとき」(27歳/ソフトウェア/技術職)
・「今まで何人か付き合ったけど、自分から好きになったのは初めて」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

こんなに好きでいてくれるなら……と思わずOKしそうです。不器用だけど真剣な気持ちが伝わってきます。

こんなにステキな告白を実際に経験した女性も多数! なんとうらやましいことか……。未経験でも嘆くことはありません。告白はある日突然されるもの。その夢のような瞬間は、もうすぐそこまで来ているのかもしれません。

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』調べ。2014年8月にWebアンケート。有効回答数275件(22~34歳の働く女性)。

(OFFICE-SANGA ゆめみん)

お役立ち情報[PR]