お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

彼女より友だちを優先!? 女には全然理解できない、男同士の友情の実態4つ

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

「彼氏が自分とのデートより男友だちとの約束を優先した」というのは、よく聞く話。その背景には男性にしかわからない男同士の友情があるようです。「理解できない!」と感じた、男の友情エピソードについて、女性のみなさんに聞きました。

■寝取られたにも関わらず……

「学生時代の男友だちの話。彼女に浮気されていたそうなのですが、その相手がよりによって自分の親友だったそう。ある日、自分の親友とホテルに入っていく現場を目撃して発覚したそうです。にも関わらず、その彼女と別れたあとは、親友の前では何も知らないふりして友だちを続けているそう。美しい友情というか、ただのアホというか……」(33歳/美容)

当時の恋人と、友人を天秤にかけて友人が勝った結果だったのでしょうか。

■ドタキャンの理由は?

「私の誕生日の前日からお泊りデートをするはずだった夜に、彼氏からドタキャンの連絡が。理由を聞いたところ、『一緒に飲んでいる友だちが、今吐きそうなんだよ……!』とのこと。だから何、と思って腹が立ちました」(25歳/金融)

面倒見のいい彼氏ですね……。でも誕生日前日だと、より複雑な気持ちになってしまいそう。

■親友の浮気をかばう

「いつも男女8人の仲よしグループで行動しているのですが、そのグループ内で二股をかけていた男子がいた。女子からは当然『最低』という声があがり、会っても無視したり冷たい態度を取ったりしていたけど、その男子の親友が『本人たちの問題に周囲が首を突っ込むな』と言い、男の友情だなぁと思った」(24歳/証券)

周囲が過度に非難したところで、何も解決はしないものですからね。もちろん、そう言ったところで浮気男のレッテルがはがれることはなかったそうですが……。

■親友の失恋をなぐさめるために

「親友が失恋したからといって、台湾旅行へ出かけた彼氏。失恋したぐらいでなぜ台湾へ行く必要があるの……? と思った」(28歳/IT)

失恋した友だちと飲みに行ったり、別の女の子を紹介したり……というのはよく聞きますが、なぐさめ方にもいろいろあるんですね。

友情のあり方でもあらわれる、決定的な男と女のちがい。みなさんのまわりにも、理解できない男の友情劇が繰り広げられているかもしれません。あなたは、男の友情にびっくりしたことがありますか?

(小野川奈美+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]