お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

セブンイレブン「特製牛めし」を地域の嗜好にあわせた味付けにして新発売

地域の嗜好にあわせた3種類の味付けがある「特製牛めし」390円

セブン-イレブン・ジャパンは、全国で発売中の「特製牛めし」の味付けを見直し、地域の嗜好にあわせた味付けにして新発売した。価格は390円。

【ローソンVSセブンイレブン「コンビニおにぎり」アンケートーお米や具材ではローソン、海苔ではセブンイレブンの評価が高い】

同商品では、具材の新鮮さを保ち、食感や風味が向上するチルド弁当の優位性を生かしながら、「関西・中国・四国」、「九州」、「その他」という3つのエリアでそれぞれの味付けをしている。「関西・中国・四国」地域の商品では、うすくち醤油を使用し、素材の旨味を引き立たせた味付けに。

地域のすき焼きを参考にみりんと清酒を増やし昆布だしも加えることでまろやかさと旨味を増している。

「九州」地域の商品ではうまくち醤油を使用したまろやかな甘さのタレが特徴。昆布だし、おろし生姜、清酒などで風味を増し、旨味と甘みを感じられる商品に仕上げた。「その他」の地域の商品としては、すき焼きの割下を参考に濃口醤油、たまり醤油、本みりんを用いて甘辛い味付けに仕上げている。

お役立ち情報[PR]