お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるコツ「充電をしすぎないこと」

スマートフォンも種類が増えてきて好みのものを自在に選べるようになってきています。

数ある中でも一番人気はやはりiPhoneでしょう。iPhoneを愛用している人はたくさんいますが、彼らの中で良く聞かれる悩みのひとつに「充電」があります。

【iPhoneが本格近未来カーナビへ!】

バッテリーがなくなってしまえばどんなに便利なスマホでも全く使えなくなってしまうので、かなり神経を使う問題だと言えるでしょう。

海外サイトBuzzFeedではそんなiPhoneの充電問題を解決するために、バッテリーを長持ちさせるためのコツを紹介しています。

まず最初に大切なのは、充電完了のまま放っておかないということです。

良く充電しながら眠りについて、朝、充電器からiPhoneを外すという人がいますがこれはバッテリーの寿命を縮める行為だそうです。というのも充電のしすぎはバッテリーのオーバーヒート現象を引き起こし、電池を弱めてしまうからなのだそうです。

次に大切なのは充電をいつも100パーセントの状態にしなくても良いということです。

たくさん充電できれば安心するため、常に90パーセントから100パーセントを維持したいと思いますが、100パーセントにしようと90パーセントになったiPhoneを充電するよりも、40パーセントくらいになってしまったiPhoneを80パーセントまで充電した方がバッテリーの寿命は延びるそうです。

目からウロコのバッテリーセーブ術、さっそく実行してみたいですね。

あまり神経質に充電状況をチェックする必要もなくなるので、ストレスも軽減されそうです。

8 Ways To Make Your Phone Live Longer
http://www.youtube.com/watch?v=iZ3RZfBrx54&feature=youtu.be

お役立ち情報[PR]