お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

実録! 職場で「イイ人」を装う女たち「お昼に1人で事務所の留守番」「反対意見を言わない」

言いたい放題発言したり、好きなことしかやらなかったり。もしも、素のままで生きられたらどんなにラクなことか……。でも、職場でそんなことをしたらひんしゅくの嵐。周りの目を意識して、あえて「イイ人」を装うのも処世術かもしれません。今回は、職場で「イイ人」を装うためにやっていることについて、働く女性に聞いてみました。

■コミュニケーションは大切

・「人に話をふって聞き役に回る。ちょっとした変化への一言や褒め言葉は惜しまない」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「人の悪口は言わない。自分の本音は言わないようにしている」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「猫を12匹くらいかぶっている。言葉づかいも考えも丁寧にするし、イイ子のふりをする」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「あまり反対意見を言わない。特にこだわりを持つ必要のない仕事なので、長いものに巻かれておきたい」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

本音を上手に隠し、聞き上手を心がけて、周囲に安心感を抱かせる。これが人間関係のトラブルを未然に防ぐポイントでしょうか。基本中の基本と言えそうですね。

■立場が下の人たちにも親切に!

・「必ず電話や資料を持ってきてくれた後輩には、『ありがとう』をきちんと、心をこめて聞こえるように言うようにしています」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「後輩には優しくします。イラっとすることもありますが、幼稚園児に接するように、根気強く教えます」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

・「必ずパートに気をつかって行動する」(28歳/医療・福祉/専門職)

先輩や上司を立てるだけでなく、後輩や目下の人たちのことも気づかいましょう。周囲の人はそんな面をチェックしています。

■小さな行動で善良さをアピール

・「お昼に1人で事務所の留守番をして先に皆をランチに行かせてあげているけど、本当は1人で事務所にいると、仕事に関係ないものを印刷したりネットでいろいろ調べたりとやりたい放題なので変わってあげているだけ」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「近場であっても外出したら、何回かに1回はちょっとしたお菓子をお土産に買ってくる。出張や帰省のお土産は必須」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「雑務を率先してやることで、下っ端として教えてもらえる立場でいようとする」(25歳/電機/事務系専門職)

・「相手に落ち度があってもとりあえずペコペコしている」(32歳/医薬品・化粧品/専門職)

小さな好意も積もり積もれば自分への高評価へとつながっていきます。下心があったとしても、それでみんなが気持ちよく仕事ができれば悪くない!?

■仕事熱心な社員のフリ

・「やる気がなくてもやる気があるフリをする」(32歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「期限を守る、ルールは守る、身だしなみを整える」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「ポイントアップのためゴミ捨て、掃除などをこまめに行う」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

やる気のなさを感じさせる人は、周囲から冷たい視線を浴びます。熱意を口にするだけでなく、実際に行動で示しておくとポイントアップ間違いなし!

人間は良い面だけでなく、悪い面も備えているものです。それでも職場では「イイ人」と思われておくほうが、何かとトクかもしれませんね。アンケートを見ると、あまりに露骨な態度をとる人は少なめでした。「イイ人」アピールはさりげなく、細く長く続けるのがポイントのようです。

※『マイナビウーマン』にて2014年7月にWebアンケート。有効回答数151件。

(OFFICE-SANGA 中澤美紀子)

お役立ち情報[PR]