お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 人間関係

あ~ウザい! 不幸自慢ばかりしてくる人の心理とは

笹氣健治(心理カウンセラー)

不幸な出来事があったときには、つい誰かに話を聞いてもらいたくなるものです。しかし、そんな不幸話をエンドレスで聞かされ続けてしまうと、「それって不幸自慢?」と、イラっとしたりウンザリした気分になってしまうもの。人はなぜ不幸自慢をするのでしょうか? 不幸自慢をされたときにはどんな対応をするのがいいのでしょうか? 今回は不幸自慢について考えてみたいと思います。

不幸自慢する人の心理

「私はいかに不幸なのか」を繰り返し話し続ける「不幸自慢する人」。そんなに自分の不幸をアピールして何が楽しいの? と思ってしまいますよね。まずは、不幸自慢する人の心理を解説しましょう。

不幸自慢とは


「先週お財布を落としちゃって、なんとか戻ってきたけど中身の1万円札がなくなってたの」
「それくらいいーじゃん。私なんて先月の海外旅行で10万円とクレジットカードが入ってたお財布スラれたんだよ」
「2人とも私より全然マシ。彼氏にお金を貸したら全然返してくれなくて、挙句の果てに浮気されてるのがわかって、2週間前に別れたとこだし、私。会社の上司はセクハラ発言ばっかりするし、毎日遅くまで残業だし、本当にツイてないわ」

このように「私はいかに不幸なのか」といった自分の不幸話をしたことがある人は少なくないのではないかと思います。自分の不幸な境遇を誰かに聞いてもらいたいと思うときは誰にでもあるものですが、そんな不幸話も繰り返し聞かされると、聞く側としてはだんだん嫌な気持ちになってきます。特に、「私は誰よりも不幸だ」と言わんばかりに自分の不幸をアピールされたり、いい加減にやめてほしいと思うのにエンドレスで話し続けられると、内心「もういい加減にして」とウンザリしたり、「また不幸話?」とイラっとしてくるでしょう。まるで自分の不幸を自慢するかのように話し続けるこの人は、いったい何が目的で「自分がいかに不幸であるか」をアピールしているのでしょうか?

「自慢」と言っても、実際には本当に自慢したいわけではありません。不幸自慢する人の話を聞いていると、「自分のつらさをわかってほしい」「なぐさめてほしい」ということなのかな、と一瞬思ってしまいがちですが、心理学的に考察すると、実は、そういったことが本当の目的ではないことがわかります。不毛な不幸話を繰り返し続ける行為の裏には、他に真の目的が存在しているのです。

不幸自慢をする理由と心理

心理学の理論のひとつに「ゲーム分析」というものがあります。ここでいう「ゲーム」とは、日常生活の中でいろいろな形で繰り返されるコミュニケーションパターンのことで、心理ゲームと呼ばれたりします。一般にゲームと言えば、楽しむために行う遊びのことであり、何か価値のあるものを作り出そうとする生産的行為ではなく、時間つぶしであったり、他人と交流するために行うものです。心理ゲームの「ゲーム」もそこから来ています。

不幸自慢は、心理ゲームの一種、すなわち、コミュニケーションパターンの一種と考えることができます。では、人はどうして不幸自慢のようなゲームをするのでしょうか? 「ゲーム分析」の理論から、次のように考えることができます。

時間をつぶすため

人は起きているときにまったく何もしないで時間を過ごすことができません。ひとりであれば、ボーっとしたり本を読んだりして過ごす。誰かといれば、会話をしたり一緒に遊んだりして過ごす。このように私たちは常に何かをしていなければ生きていられないのです。ただし、何かをするという場合、それが必ずしも楽しいことである必要はありません。嫌なことであっても、何もしないよりはマシです。たとえば、やることがなくて暇で仕方ないときに何かトラブルが発生した場合、困ったなあと思いつつも、心のどこかで「やることができてよかった」と思う、といった経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか? 不毛な不幸自慢をするのも、同じように時間をつぶすための絶好の手段のひとつだと言えます。

孤独を解消したい

不幸話をして他人から何らかのリアクションをもらうことは、自分がここにいる、という存在感を得ることに役立ちます。それはとても大きな安心感につながることです。心のどこかに寂しさを抱えている人がその孤独感を紛らわすためには、誰かと交流を持つのが手っ取り早い方法であり、その際の会話のネタとして不幸話をするのです。日常的に親しい人と頻繁にコミュニケーションする機会がある人が不幸話をすることはまずありません。わざわざそんなことで孤独を解消しなくても、自分の存在を常に感じることができているからです。

自分はダメな人間であることを確認したい

不幸自慢をしている人を励まそうとして、「そんなにクヨクヨしなくてもいいじゃない」とか「もっと前を向いたら?」と声をかける。それは裏を返せば、クヨクヨしているあなたはダメな人、前を向かないあなたはダメな人、と否定しているのと同じです。不幸自慢をする人は、心のどこかに「自分はダメな人間だ」という否定的な自己概念を持っています。そういう人が、クヨクヨしている自分、前を向かない自分を指摘されると、「ほら、やっぱり私はダメな人間なんだ」と再認識できて、安心感を得ることできるのです。なんとも不思議な心理ですが、その安心感を求めるため、わざと否定されるために不幸自慢をしてしまうのです。

次ページ:不幸自慢してくる人への対処法

お役立ち情報[PR]