お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

開胸しすぎに彼がドン引き! 女子力アップのつもりが大失敗した経験は?

女子力をあげて、彼の目をこっちに向かせたいと思って頑張ってみたものの、どこからか空回りしてしまい、いつのまにか一人浮いてしまっていた。なんて失敗をしちゃったことってありませんか? 今回は好きな人につりあう自分になるために、自分磨きを頑張りすぎて失敗した体験があるかどうか、働く女性に聞いてみました。

■イメチェンを失敗

・「イメージチェンジの為に、ばっさり髪を切ったら全然似合わなかった」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「かわいくなろうとして、ピンクのバッグを買い、微妙な印象を捉えられました」(27歳/情報・IT/クリエイティブ職)

自分を変えたいと思ったら、やっぱり手っ取り早くイメチェンがいいですよね。でも髪の毛は似合わなかった場合、悲惨なことになってしまいます。

■引かれてしまった

・「お酒好きな彼に付き合ってたくさん飲んだら、飲み過ぎて他の人に絡んでしまい、彼に引かれた」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「おしゃれをしようと、胸の開いている服を着て行って、引かれたことがあります」(27歳/学校・教育関連/専門職)

なにごともやりすぎてしまうと、彼から引かれてしまうことになります。あくまでも自然で無理をしない程度に頑張りましょう。

■尽くそうとして失敗

・「尽くしすぎて、ウザがられたことがある。構いすぎる」(23歳/不動産/事務系専門職)

・「マメな女になろうと思い、掃除、洗濯などの家事を頑張ったが、結局続かず終わった」(24歳/運輸・倉庫/営業職)

彼につくすことで、自分磨きを始めてみたものの、やはり人のために始めると、なかなか長続きしないということになってしまいます。

■逆ギレしてしまった

・「痩せようとがんばりすぎて疲れ果て、愛想が悪くなってしまった」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

頑張ってやせようとしたという意見は多数ありましたが、ほとんどが挫折してしまい、なぜか不機嫌になってしまい終了となるケースが多かったようでした。

彼につりあいたいと思って、自分磨きを始めてみたものの、挫折してしまったり彼に引かれてしまったりと、あまり良い結果にならないケースもありましたが、中には自分磨きに成功したという方もいらっしゃいました。自分磨きを始める場合、とにかく最後までやり通すことを目標とし、スタートするようにしてみましょう。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年2月にWebアンケート。有効回答数170件(22~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]