お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

黙っちゃいられない! 男性の失礼な発言に10倍返しする作戦は!?

一部の男性には、「やっぱり女は若さだよ」「胸のサイズは大事」など、女性の外見や能力に対して失礼な発言をする人も。しかし、女たちも黙って聞いているばかりではなさそう。ときには、賢く、じょうずに同じ痛みを味わわせるべく、ブーメラン返しで反撃しているみたい! 働く女性はどのように逆襲しているのでしょうか?

■相手の弱点を攻撃

・「『胸って大事だよね』とセクハラ発言をするハゲ気味のおじさんに対して、同僚が『髪って大事ですよね』と言い、ぎゃふんと言わせた」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

男性にとって薄毛は深刻な問題だと思いますが、女性にとってもバストサイズはコンプレックスの種になるほどなんです! 失礼な発言には、同様に返すのが有効!?

■持ち上げておいて突き落とす!

・「『俺は24歳以上はおばさんだと思う』と言っていたやつがいたので、25歳のかわいい子を紹介してアプローチし始めたら『おばさんって言っていたよ』と水をさしてやった」(30歳/学校・教育関連/専門職)

当然、その恋は成就しなかったはず。身から出たさび。このことわざの意味を身を持って実感したことでしょう。

■先に幸せになってやる!

・「ふられた彼氏より早く結婚してやった」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

相手はあまり気にしていないかもしれないけれど、女性の気持ちが晴々してなによりです。嫌な思い出は忘れて、今のご主人とお幸せに!

■ヘンタイ扱いしてみる

・「若い子好きにはロリコンというあだ名を付ける」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

「女は若いに限る」と言われたら、このセリフで応戦! 女を敵に回すと怖いんだから……。

■プライドを砕く言葉を

・「『俺様は金持ち』ということを強調するような話ばかりするので、『あなたからお金を取ったら何が残りますか?』と聞いた。何も言わなくなった」(26歳/生保・損保/営業職)

ルックスだけが取り柄の男性も困りますが、経済力しかない男性も苦しいところ。自慢ばかりしないで、「人柄」で勝負してほしいですね。

■お望み通り、接点を断ち切った

・「『仕事を女としたくない』と言われたので、その人絡みの仕事をすべて返却した」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

こんな言葉を言われたら、モチベーションが下がるばかり。戦力になる頼りがいのある男性とだけ仕事をしていれば? と言いたくなります。

■年の差恋愛の現実をズバリ

・「『結婚するなら20代の女子がいい』、と言った人に、『20代の女子は30代後半の人とは付き合わないでしょう』と言ってやった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

一部の成功例を見て、「オレも年の離れた若い子と結婚できるはずだ!」と目を輝かせる男性に、シビアな一般論を突き付けたというわけですね。

■家事=労働です!

・「『女は結婚したら三食昼寝付きでいいな』と言った人に『ただで家事やってもらって何言ってんですか。三食昼寝付きってのは、家事も育児もしないでお姫さまみたいに妻を生活させられる人が使っていい言葉ですよ』と返した」(33歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

家事労働を業者に頼む場合は、それなりのお金が必要。専業主婦は家の中できちんと働いていることをお忘れなく!

失礼なことを言われたとき、軽いノリでチクリとひと刺しできたらまずは成功。思わぬ逆襲に遭って相手が本気で憤慨するか、それとも落ち込むか……。できれば、笑い話程度で済むといいですね。何を言われても「相手がどう思うおうが関係ない」と余裕を見せることができれば、勝ったも同然!?

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数141件。(マイナビウーマン会員:22歳~34歳の働く女性)

(OFFICE-SANGA 中澤美紀子)

お役立ち情報[PR]