お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 美白・美肌テク

学生がまぶしい! 「私、年とったなぁ~」と思う瞬間5選

肌荒れがなかなか治らなくなったり、ちょっとした体力仕事がつらくなってきたり……。さまざまな瞬間に「私、年とったなぁ~」と感じることってありますよね。そこで今回は、働く女子にこんな質問をしてみました。

Q.「私、年とったなぁ~」と思うことはありますか?
ある……89.8%
ない……10.2%

なんと、約9割が「ある」と回答! 実際どんなときに「年とったなぁ~」と思うのか聞いてみました。

■体の調子が……
・「階段がキツくなった」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「ちょっと激しい運動をするのがしんどくなった」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「オールができなくなった」(27歳/金融・証券/営業職)
・「青信号が点滅していても走らなくなった」(25歳/マスコミ・広告/営業職)
・「体が老化したなと思います。しびれや痛みが多いです」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「ケガしたときなどの傷の治りが年々遅くなっていっている」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

数年前に比べ、すぐ疲れるようになると、年齢を感じますよね。また、なかなか体調が戻らなかったり、徹夜がきびしくなったときも、「昔はすぐ元気になったのに……」と思ってしまいます。

■若者を見て……
・「大学生が若くてキラキラしてまぶしい」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)
・「平成生まれの子なんてみんな子どもだと思っていたら、20歳過ぎている人もいると知って衝撃」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「大学生が若々しくてうらやましく思ったとき」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

自分よりも若々しい子を見ると、つい比較しちゃうという意見も多数。

■流行が……
・「歌番組を見ても知らない人ばかりだったとき」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・「1990年代の曲がもう昔の曲扱いになっていたとき」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

最新の流行に対して敏感ではなくなってくると、「年をとったんだな……」と感じるみたい。

■胃が……
・「天ぷらで胃もたれするようになった」(31歳/生保・損保/営業職)
・「食べ放題に行っても、食べる量が減った」(25歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

昔は食べる量も多かったし、油ものも大好きだった人ほど、食べられなくなってくるとショックですね。

■肌が……
・「眉間のシワが消えない。疲れるとほうれい線が消えない」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「ちょっとしたストレスで肌荒れがでるようになったとき。昔は何があっても荒れなかったのに」(27歳/機械・精密機器/技術職)
・「社会人になるまでは、ニキビに悩まされたことなかったのに、25歳を超えて、吹き出物が常時ある状態になってしまった」(27歳/情報・IT/技術職)

今までなかったところに、シワができると年齢を感じずにはいられないようです。また、ストレスがすぐ肌に影響するようになる、という意見も。

さまざまな意見が寄せられました! 特に、疲れがたまりやすくなり、肌荒れや体調不良に結びついてしまう悪循環を嘆く回答が多数挙がりました。自分の体とちゃんと向き合って、そのときベストな状態でいられるように努めていきたいですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数236件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]