お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

恋のライバルを撃退する方法「ライバルと同じ土俵に乗らない」「先手必勝」

自分だけが好きだと思っていたのに、いきなり恋のライバルが出現……。こんなとき、うまくライバルを振り切り、好きな人をこちらに振り向かせるにはどうすればいい? ライバルが出現したときにこそ、押さえておきたいポイントをご紹介します。

【女の友情を壊すのは誰? 同性に聞く、最も嫌な「恋のライバル」ランキング】

■まずは、ライバルと同じ土俵に乗らないようにしよう

恋敵のライバルが現れるということは、相手にとっても自分がライバルだということ。敵があらわれると、相手の弱点をつくのに必死になったり、相手の弱みを握ろうとしたり、相手を打ち負かすことに必死になりがちです。

しかし相手はともかく、自分はそれをやらないのがベスト。こんな行動が、恋を遠ざけてしまうことがあるからです。

同時に2人以上の女性から同時に好かれるようなモテる男性なら、闘争心のあまり人の足を引っ張ろうとする女性、人を押しのけてまで目的を達成しようとする女性を、相手にする確率はかなり低いです。女性同士の戦いを喜ぶのは、自分を取り合い争っているのを、楽しむタイプだけ。

もしもライバルが他人を押しのけようとするタイプなら、しめしめというもの。振り回されて、同じ土俵に乗って戦わないようにしましょう。

見ていないようで、人はよく人を見ています。恋のライバルがあらわれても、相手は相手、自分は自分とまずは距離を置いて接することが大事です。

■先手必勝!? 自分を印象づけよう

ライバルの足を引っ張るのはNGですが、ライバルよりももっと自分を印象づけようと、積極的にアピールするのは大事です。相手のアクションをただじっと待っているだけでは、ライバルに先を越されてしまうかもしれません。

自分を印象づけるには、外見磨きだけでなく、内面磨きも大切。相手が職場の人なら仕事を積極的に頑張ってみたり、友だちの関係なら女性らしい振る舞いや気配りを心がけたり。好きな人に「あの子、いいな」と思ってもらえそうな、自分の長所や特技を好きな人に、積極的にアピールするようにしましょう。

■まとめ

恋のライバルは、あらわれても「ただそれだけ」のこと。好きな人とあなたとの関係は、自分と相手が作っていくものです。ライバルに振り回されず、相手との仲を少しずつ縮めていくことに集中しましょう。

お役立ち情報[PR]