お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 インナービューティ

ついポロッと……! 彼女を激怒させた余計なひと言「胸が小さい」「今日はかわいいね」

女子にとって、大好きな彼からのほめ言葉は、とにかくうれしいもの。どんな些細な言葉でも、愛を感じて幸せな気持ちになりますよね。でも一方で、「女心がわかってない!」というような発言をされたときは、怒りMAX! 大好きだからこそ余計に腹が立ってしまいますよね。では、実際にどんな発言に女子たちは激怒したのでしょうか? 今回は社会人男性に「彼女を激怒させてしまった余計なひと言」について、聞いてみました!

■体形について

・「『ちょっと太った?』と言ったらキレました」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『ぽっちゃりしてかわいい』と言ってしまった」(23歳/電機/技術職)

・「体形のことをしつこくちゃかしたら怒らせてしまった」(25歳/農林・水産/技術職)

・「『胸が小さい』と言ってしまった」(34歳/自動車関連/技術職)

体形は、女子にとってかなりデリケートな話題。悪気がなかったとしても、心に大きな傷が残ってしまいます。できれば体形に関する話は、極力しないでほしいものです……。

■食べ過ぎ!

・「食べ過ぎ」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「彼女に対して、『食べすぎじゃない?』といったら激怒された」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

こちらもNGの発言。「これ以上太らないで」という思いが込められているような気がして、女子としてはモヤモヤしてしまいます。せっかくのおいしい食事が台無しです。

■顔・容姿について

・「『高い服を買ってもしょせん顔が大事』と言ったら、長いこと無視された」(26歳/情報・IT/技術職)

・「『ブス』って言うのはNG」(27歳/運輸・倉庫/技術職)

彼女のことは大好きでも、男性は客観的意見も平気で口に出してしまうためか、地雷を踏んでしまうことがあるようです。こんなことを言われたら、「やっぱり男性は顔重視なんだ」と思って悲しくなりますよね。

■言い方の失敗

・「あとでやろうと思っていることを今やれみたいな言い方をして、怒らせた」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「『今日はかわいいね』と言ったら、『いつもはかわいくないんだね』と怒られた」(29歳/情報・IT/技術職)

・「『大丈夫だよ』と励ましたときに、『何もわかってないくせに』と怒られた」(29歳/建設・土木/技術職)

男性としては、ほめたり慰めたりしているつもりだったのに、逆に彼女を怒らせてしまったという話はよく聞きます。どんなに素敵な言葉も言い方ひとつでニュアンスが変わってしまうもの。男女ともに気をつけたいところです。

いかがでしたか? 大好きな彼からの言葉だからこそ、ショックのあまり激怒してしまうというのが女子の本音。とはいえ、あまり怒ってばかりいると、彼から愛想をつかされてしまう可能性もあります。イライラやムカつきは上手に発散して、普段から笑顔の絶えない自慢の彼女でいられるよう努力しましょう!

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年3月にWebアンケート。有効回答数117件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]