お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

男性に聞く! 「仕事」と「家庭」、奥さんにはどちらを重視してもらいたい?

最近は、結婚しても専業主婦の道を選ばずに、第一線でバリバリ働く女性が増えていますよね。そのことを、男性は一体どう思っているのでしょうか? 結婚したら、「仕事」と「家庭」のどちらを奥さんに重視してもらいたいか、ズバリ聞いてみました。

Q.あなたは、結婚後、奥さんにはどちらを重視してもらいたいですか?

仕事……35.7%
家庭……64.3%

どうやら、「結婚後もバリバリのキャリアウーマンでいてほしい」というより、「家庭を守ってほしい」と思う男性が多数派のよう。では、まず回答の多かった「家庭派」の意見から聞いてみましょう。

■奥さんに求めるのは「安心感」

・「家の中がしっかりしていると安心だから」(30歳/情報・IT/技術職)

・「家に帰るとき、誰かいるのといないのでは全然ちがう」(33歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

疲れて仕事から帰って来たときに、あったかい部屋とご飯が待っている……。これは、多くの男性があこがれる光景のようです。奥さんが家庭を守ってくれるからこそ、「安心して仕事をがんばれる」というところでしょうか。

■子育てにいい環境を

・「子どもができたら専業主婦になって子育てをしてほしい」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「子どもが小さいうちはそうしてくれないと、日本の社会では子どもを育てていけないから」(30歳/食品・飲料/技術職)

子育てのことを考えて、「奥さんには家にいてほしい」とする声も。とはいえ、仕事を辞めて専業主婦となると、経済的に厳しくなる可能性も……。

「男は仕事、女は家庭」という昔ながらの考え方の男性、実はまだまだ世の中にたくさんいるようです。では、一方の「仕事派」の意見はどうでしょうか。

■ダブルインカムだと、心強い

・「自分だけでは所得に自信がないので」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「共稼ぎで豊かに」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

「仕事派」は、やはり収入を重視する傾向が強いよう。「安月給で、家族を養えるか心配」という切実な意見もチラホラ。でもたしかに、2人とも正社員だったら、生活レベルは高くなりそうですね。

■奥さんの意思を尊重する

・「自分の人生を大事にしてほしい」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「今の時代、家にこもるのはもったいないので、自分のやりたい仕事をしてほしい」(32歳/その他/その他)

自分がどうこうしてほしい……ではなく、「仕事を続けたほうが、奥さんのためになる」と相手を思いやる意見も。中には、「家事は分担すればいい」なんて人もいました。仕事をバリバリしたい女性は、こういう考えの男性を見つけるといいですね!

共働き夫婦が増えているとはいえ、現実はまだまだ「奥さんには、家庭を守ってほしい」と思う男性が多いようです。さて、この結果、あなたはどう受け止めますか?

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年3月にWebアンケート。有効回答数171件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]