お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「美人だけど家事ができない」VS「顔はまあまあだけど家事が得意」、結婚するならどっち?

男性は「女性の外見をもっとも重視する」「結婚相手の条件は家事ができること」などといった意見をよく聞きますが、本当のところはどうなのでしょうか? そこで今回は究極の2択、「美人だけど家事ができない女性」と、「顔はまあまあだけど家事が得意な女性」だったら、結婚相手にどちらを選ぶか、男性に調査してみました。

Q.あなたは、結婚するならどちらを選ぶ?

美人だけど家事ができない……15.2%
顔はまあまあだけど家事が得意……84.8%

結果は、「顔はまあまあだけど家事が得意」と回答した人が圧倒的多数! では早速、それぞれの意見を見ていきましょう! まずは、「顔はまあまあだけど家事が得意」派の意見です。

■結婚相手はやっぱり「家庭的な女性」がいい

・「生活する上では、家事が得意なほうが重宝するから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「家事ができないのはアウトです。子どもができたときに困ります」(31歳/機械・精密機器/技術職)

結婚生活を送る上では、顔よりも家事のスキルのほうが重要だという意見。「家庭的な女性」にあこがれる男性は、今も昔も変わらず多いようです。

■トータルのバランスを考えると、好条件

・「まあまあの顔で家事が得意なら、いい条件だと思う」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「まあまあの時点でルックスはいいほうだと思うので、ほかの部分がすぐれているならそちらがいい」(31歳/機械・精密機器/技術職)

顔がまあまあで、家事が得意なら「御の字」。そのように捉える男性もけっこういました。やはり、何事もバランスが大切ということでしょうか。

結婚して一緒に生活するなら、家事が上手なのに越したことはないですよね。一方、「家事が得意な奥さん」よりも「美人な奥さん」を求める男性陣は、どんな意見を持っているのでしょうか。

■美人妻なら、許してしまう

・「美人なら多少は我慢」(23歳/電機/技術職)

・「家事は俺ががんばる」(26歳/情報・IT/技術職)

奥さんはやっぱりキレイなほうがいい! だから、美人なら多少のことには目をつぶる、という男性も。でも、果たしてそんなふうに奥さんを甘やかしてスタートする結婚生活は、長続きするのでしょうか……。

■家事のスキルはあとから挽回できる

・「家事は覚えればいいため」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「何とか直せると思う」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

結婚する時点で家事ができなくても、そこから努力してできるようになればいい、と根気強く待つタイプの人も。たしかに、毎日やっていれば料理の腕も自然と上がりますもんね。

いかがでしたか? やはり男性は結婚相手に「家庭的」な要素を求める人が多いという結果になりました。結婚したい独女のみなさん、外見磨きだけでなく、今からでも料理や掃除のスキルを身につけて、家庭的な女性を目指すと、結婚が近づいてくるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年3月にWebアンケート。有効回答数171件。22歳~34歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]