お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ホワイトデーは「感謝のイベント」―今どきのバレンタイン&ホワイトデー事情

バレンタインギフトを贈った相手は?(左:女性 右:男性)

直営店「ヒトツブカンロ」を展開するカンロは、20代~50代の男女各100人・合計800人を対象に「バレンタインデー・ホワイトデーに関する意識調査」を実施した。

【男女必見!ホワイトデーのお返しはコレ!女性の本音に迫った調査結果が公開】

調査結果によると、バレンタインデーにギフトを買った女性は約6割弱となり、「シーズンのイベント」としての認識が高いことがわかった。

また、「バレンタインギフトをもらった女性」が12.5%おり、男性からの「逆バレンタイン」や友人への「友チョコ」などの風潮が増えている傾向がうかがえる。

「バレンタインギフトを贈った相手は?」との問いには、もっとも多かったのは家族。一方で、「バレンタインギフトを買った」と答えた男性の6割が「自分用」と答え、スイーツ男子の存在が垣間見える結果ともなった。

女性に「どんな気持ちで贈ったか」を聞くと、「日頃の感謝」が最も多く、「仕方なく」などのネガティブな回答は少なかった。

バレンタインギフトをどんな気持ちで贈りましたか?

恋人に贈る以外のバレンタイン、ホワイトデーの予算については、女性は800円までで約半数となった。お返しについては若干高めを期待しているものの、男性が考える予算とほぼ傾向が同じだった。また、ホワイトデーのお返しについて、3月5日現在で「決まっていない」と回答した男性はが75.9%。

既にプレゼントするものが決まっている人からは、お菓子や食品、ハンカチ等の雑貨などの回答が得られた。

義理チョコの予算は?

男性にホワイトデーのお返しに関する本音を聞くと、約6割の男性が「心がこもっていることが大切」と回答し、次いで「センスがいいと思われたい」「正直何を買っていいかわからない」などが続いた。

ホワイトデー、男性陣の本音は?

お役立ち情報[PR]