お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

地図アプリ、iPhoneユーザーの約30%がApple Maps、Android ユーザーの約87%がGoogle Maps を利用

iPhone所有者とAndroid所有者の利用している地図アプリ

MMD 研究所は、2013 年12 月18 日~12 月21 日にかけて、iPhone またはAndroid 端末を所有している20 歳以上の男女556 人を対象に「スマートフォンの地図アプリに関する利用実態調査」をインターネットによって実施した。

【女子が思う!方向音痴な女子「地図をぐるぐる回す」】

地図アプリを利用したことがある、と回答したのは全体の85.1%だった。その人たちによく利用している地図アプリを聞いたところ、iPhone 所有者の30.1%が「Apple Maps」、52.2%が「Google Maps」、17.7%が「その他」のアプリを利用していた。一方、Android 端末所有者では、87.9%が「Google Maps」、12.1%が「その他」の地図アプリを利用していることがわかった。

地図アプリ利用者にその満足度をきいたところ、「満足」は30.2%、「やや満足」は57.3%となり、87.5%という多くの人が現在利用している地図アプリに満足していることを伺い知る結果となった。

よく利用している地図アプリの満足度

お役立ち情報[PR]