お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女子の本音! “彼氏のココがイヤ”5選「倹約家すぎる」「鼻毛が出ている」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

好きになって付き合った彼でも、一緒にいるうちに「なんかイヤだな」と感じる点は少なからず出てきてしまうもの。外見・内面ともに完璧な人なんていないですよね。別れるほどの原因ではないけれど、女子が彼氏に対して「ココがイヤ!」と思っているのは、どんなところなのでしょうか?



■倹約家すぎる!
「彼は節約が大好きで、デートの行き先もコストパフォーマンス重視で決定します。『割引券があるから○○に行こう』とか『株主優待券があるから○○のレストランで食べよう』など……。私が誘うときも、なんとなく割引でお得感のある場所にしか誘いづらい空気になってきています。内心『ケチケチしすぎじゃない!?』と思ってしまいます」(24歳/通信)

せっかくのデートなのだから、少しくらい贅沢をしてでも楽しみたいもの。「倹約家」としてポジティブに捉えることもできますが、あまりに節約優先だと不満がたまりそうです。

■髪が薄くなりつつある!
「まだ20代の彼なのですが、すでに生え際がかなり危ない感じになってきています。のちのち男の人はかなりの確率でハゲるし、『大事なのは髪より性格!』と自分に言い聞かせていますが、彼の生え際を見るたび、少し切なくなるのも事実です(笑)」(29歳/広告)

なかなか女子からは触れづらい話題ですよね。自分から明るくネタにしてくれるような彼だと、こちらの気持ちが楽かもしれませんね!

■仕事の付き合いが多すぎる!
「広告業界の彼は、仕事でしょっちゅう飲みに行きます。出会いも多いようで、ついヤキモチを焼く毎日。仕事に誇りを持っている彼は大好きなので、何も言えずモヤモヤします」(25歳/メーカー)

仕事だから仕方がないと頭ではわかっていても、ヤキモチを焼いてしまう気持ちもわかります。自分を磨いて、彼に見劣りしない女性になれれば、モヤモヤが消えるかもしれません。

■ファッションセンスが合わない!
「彼は大好きなファッションブランドがあり、そこの服しか着ません。かなり派手なプリントやキャラクターのデザインが多く、私の趣味とは正直合いません……。もっとシンプルな服を着てほしいのですが、彼のこだわりが強すぎて言えずにいます」(31歳/食品)

ファッションに無頓着すぎるのも悲しいですが、こだわりが強すぎるのも困りもの。付き合っていくうちに自然と趣味が変わっていくこともあるので、彼のことが好きなら長い目で見てあげて。

■鼻毛が出ている!
「私の彼は鼻が高いのもあって、たまに鼻毛が見えているときが……。まだ付き合いが浅いので『出てるよ』と指摘することもできず、いつももどかしい気持ちになっています!」(30歳/銀行)

男性は女性に比べて鏡をチェックする機会が少ないため、一日ずっと鼻毛が見え隠れ……なんてこともありそう。見て見ぬ振りではなく、「出てるよ」とサラッと言えるような関係になれるのが理想なのかもしれませんね。

金銭感覚から、ファッション、身だしなみのエチケットまで、女子の中でひそかに気になっている点はさまざまあるようです。特に付き合いが浅いと、「イヤ!」と思っても指摘しづらいポイントが多いのではないでしょうか? しかし、自分の心の中に抱えたままだと余計に気になってきてしまう可能性も。彼との長い付き合いや結婚を考えているなら、ときには思い切って話し合ってみることも大切かもしれませんね。

(のでこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]