お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

必読! 上司に怒られた人へのいい慰め方「共感⇒悪口を共有」「上司の気持ちを推測」

励ます女子上司に怒られたとき、理由がわかればそれなりに納得もできますが、理由が全くわからないと消化不良を起こしてしまい、ヤケクソになってしまいがち。こんな人を見かけたら、ぜひこんな方法で慰めてあげてみてください。消化不良を少しでも解消する手助けができるかもしれません。

【恋を寄せつけない? 恋愛残念女子オーラ診断】

■「最悪だね」「嫌なヤツ」とまずは共感し、悪口を共有してあげよう

上司から怒られたときに、嫌な気持ちにならない人はいないはず。特に女性なら、この気持ちを誰かにわかってほしい、伝えたいと思っているもの。上司から怒られた人を慰めるときは、まずは思う存分愚痴や悪口を吐き出す場所を与えてあげましょう。愚痴や悪口を吐き出させるのは、とても簡単。相手に共感し、悪口を共有してあげれば、相手も言いやすくなるはずです。

同じ職場でないなら「最悪だね」とか「嫌な上司」と言っても、直接関わりがある訳ではないので大丈夫。もし同じ職場にいるなら、「わかるわかる」、「部長ってそういうところあるよね」と共感してあげるのもよいでしょう。まずはためこんでいる思いを吐き出させて、すっきりさせてあげましょう。

■怒られた経緯を探りながら、上司の気持ちを3つ推測してみる

一通り愚痴や悪口を吐き出させて、すっきりさせたら、上司がどうして怒ったのか、怒られた側の主観を抜きにして経緯をはっきりさせていきましょう。客観的に上司が怒った理由を把握できたなら、「上司がなぜ怒ったのか、その理由3つ」を考えてあげましょう。

この3つの推測は、最悪なパターン、平凡なパターン、最良のパターンとバージョンを変えて提案してあげるのが大事です。例えば普段は小さなミスでも怒らない上司が、今日に限って怒りが大爆発したなら「普段からミスが多いと目をつけられていて、今日という今日は我慢できなくて怒った」「たまたま嫌なことが立て続けに怒って、爆発してしまった」「小さなミスに気づくことが、大事だと伝えたかった」と3パターン考えてみます。

■3つの推測の内、「でも、もしかしたら」と最良のパターンを押してみよう

3つの推測をあげてみて、怒られた人と一通り検討してみて、十分満足したら、最後は最良のパターンを押してみましょう。「そんなことないか」「でも、もしかしたら」と最良のパターンをさりげなく匂わせることで、今日起こった嫌な出来事の苦い後味が幾分やわらぐはずです。

それがたとえ真実でなかったとしても、明日会社で上司と顔を合わせることを考えたら、誰しも愚痴や悪口など悪い思いを抱えたまま、出社するのはあまり気持ちのいいものではありません。少しでもブルーな気分がやわらぐよう「いい結果」で締めてあげ、明日のモチベーションにつなげてあげましょう。

上司に怒られた人を励ます上で大事なのは、「途中で放り出させない」ことです。最悪だよね、どっか行っちゃえと上司の悪口を言った分だけ、「でもさ、上司もいいところもあるよね」と前向きな言葉で締めくくってあげたほうが、本人も気持ちよく明日を迎えられます。吐き出すだけ吐き出させたら、ぜひ前向きな言葉で締めくくり、何もかも嫌になって全てを放り出してしまわないように、後押ししてあげましょう。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]