お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 勝負デート

デートの誘い方にドン引きしてしまった体験談「みなでと言ったのに2人だけ」「遠まわしなメール」

電話を持った驚く女性気になる女性をデートに誘う! ドキドキのシチュエーションです。男性の誘い方ひとつで、女性からOKをもらえる確率は大きく変わります。最初の一歩が、何より重要! 今回は、働く女性のみなさんに「デートの誘い方にドン引きした体験」について聞いてみました。

【デート中、彼に「ここだけは直して!」と思うこと「音を立ててパスタ」「夢の世界でオナラ」】

■嘘はNG

・「みなでと言ったのに2人だけだった」(27歳/電機/技術職)

・「部署の打ち上げだと聞いていたので、部署全員が参加するのだと思ったら、会場に行ったら、その人と2人きりだった。だまされた!」(27歳/食品・飲料/事務系専門職)

「みんなで」と言ったのに、実は2人きり! 事実がわかったときの、女性の幻滅具合は簡単に想像できますね。誘い出すまでは成功でも、そこからの進展は期待できません。もうひと工夫する必要がありそうです。

■何が言いたいの?

・「初デートをメールで遠回しに誘ってきたときは嫌な気分になりました。男らしく直接声で言いなさい、と思いました」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「めちゃくちゃ奥手で、何がしたいのかわからない誘いがあってイラッとした。『○○って場所、おもしろいらしいよ』からはじまり、『男同士では行きたくないなぁ』などと曖昧な様子で、結局面倒くさくなって『行きたい人と行けば』と突き放したら、やっと『行かない?』と言われた。奥手はいいけど面倒くさい」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

デートの誘いは、男らしくしてほしい! 遠回しの誘いは、断られたときのショックを和らげるための工夫なのでしょうか。これでは、いくら「いいな」と思っていた相手でも、幻滅してしまうのかも……。

■こっちの都合も……

・「特に予定も無くて家でダラダラする予定と言ったら当日予告なしに家まで来てドライブに誘われた。準備とかこちらの都合とか考えてほしかった」(28歳/自動車関連/技術職)

・「仕事が忙しい時期で、3回連続で断った、付き合ってもいない相手から、なんで断るの? 仕事くらい休んでご飯行こうよ! 会いたいから。と言われた」(30歳/金融・証券/事務系専門職)

デートに誘いたいのなら、自分の都合だけではいけません。相手のことも考えて行動しましょう。自分の都合ばかりの相手とは、幸せなお付き合いは期待できません。デートするまでもない!?

■上から目線

・「ご飯一緒に食べに行ってもいいよと上から目線で言われたとき。もちろん即答でお断りしましたが」(33歳/その他/事務系専門職)

・「お前が俺と会いたいだろうからデートしてやるよ」(25歳/医療・福祉/専門職)

誘われているはずなのに、なぜか上から目線の男性に、「えぇ!?」と思う女性は多いようです。照れ隠しかもしれませんが、女性には伝わりません。この誘い方でOKしてくれる女性は、もともと相手のことが好きだったのでしょう。告白したほうが早いのかも!?

■いきなり!?

・「『一緒に旅行に行かないか』と誘われた」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「付き合ってもいないのに、温泉に行こうと誘われてドン引きした。ガツガツしすぎ!」(27歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

思わず耳を疑ってしまうデートの誘いなのですが、実際に言われた女性は少なくないようです。OKしてもらえると思って言っているのかどうなのか……。女性には理解しにくい男心です。

自信満々! 上から目線も駄目。そして、奥手すぎる誘い方もNG!と考える女性が多いようです。まずはデートをして、それから自分のことを判断してほしい!と思う場合には、女性を誘い出す方法も、よく考えたほうが良さそうです。女性の意見を参考に、上手な誘い方を検討してみてくださいね。

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数292件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]