お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 勝負デート

デート中、彼に「ここだけは直して!」と思うこと「音を立ててパスタ」「夢の世界でオナラ」

耳に手を当てる男性楽しいデートの最中に、些細な彼の行動から、思わず幻滅した経験を持つ女性はいませんか? 大好きだからこそ、ここだけは直してほしい! 今回は、働く女性に、そう思ってしまった彼の行動について、アンケートを実施しました。みんなは彼のどんな行動に、ガッカリしているのでしょうか。あなたの彼にあてはまる点もあるのかも?

【「あの人今日はデートだな」とわかる女子の特徴「白っぽいワンピ」「バッグが小さい」】

■ファッションが……

・「服装のTPOを考えてほしい」(24歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「アニメのTシャツを着ての外出」(25歳/商社・卸/営業職)

「ヨレヨレ」や「ダサい」など、彼のデートファッションに「もう少し何とかして!」と思っている女性は多いようです。単なるダメ出しは、彼のプライドを傷つける可能性があります。一緒に買い物に行き、「こんな恰好が見たいの」とアピールしてみては?

■マナーが……

・「店員に対する横柄な態度」(29歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「パスタを音をたてずに食べてほしい」(28歳/学校・教育関連/クリエイティブ職)

彼のマナーがなっていないと、人からの目線も気になります。ただ、それが彼にとっての「普通」である以上、どんな注意をしても、微妙な空気が流れてしまいそう。とりあえず、外ではパスタを避けて食事をするしかない!?

■その意味は?

・「目的もなくダラダラと歩くこと。ハイヒールを履いている状態でダラダラ連れ回されるのは疲れるし、つらい」(26歳/情報・IT/技術職)

・「道がわからなくなったら素直に人に聞くとかしてほしい。なんで意地になって歩き回るのかわからない」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

それが彼のスタイルなのか、それとも男の意地なのか。女性にとっては疲れるだけです。次のデートでは、スニーカーを履いて登場してみてはいかがでしょうか。無言の抗議になるのかも?

■寂しいよ

・「手をつないでいてほしい。離れると寂しいので……」(27歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「つまらないならそういってほしい。つまらなそうに携帯いじられると落ち込むから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「一緒にいるのを恥ずかしがること」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

彼のさりげない行動が、寂しさの原因となってしまうことがあるよう。素直に「寂しい」と伝えたら、「重い女」と思われそうで、悩みます。気づいてくれる彼氏ならばいいのですが……。

■望みすぎかも?

・「ディズニーランドは夢の世界なので、オナラは我慢してほしい」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「トイレに行くタイミングを作ってほしい。特に付き合って間もないころは、自分からトイレに行きたいと言えないので」(23歳/商社・卸/営業職)

自分の感覚で「もっとこうして!」と思う気持ちはわかりますが、人間同士の付き合いである以上、難しい要望もあるのかもしれませんね。望みすぎが原因で不満を溜め込んでも、いい結果にはなりません。彼にも「わがままだ」と思われてしまうのかも?

ひそかに、「彼に直してほしい!」と思うことを、心に秘めている女性は多いようです。彼を否定したいわけではないけれど……と、複雑な気持ちの中で、どのように伝えればいいのか悩むところです。あなたには、心に秘めた彼への不満はありますか?

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数292件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]