お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

「年上の後輩」への接し方で気をつけること「敬語を遣う」「偉そうな態度は見せない」

社会人になってある程度の年月がたてば、自分よりも後に入ってくる後輩が増えてきて、接する機会も多くなるもの。しかし後輩だからと言って年下とは限らず、中には年上である可能性も少なくありません。そこで今回は働く男女にアンケートをとり、「年上の後輩」を扱う上で気をつけていることを教えてもらいました!

【結局、オンナにとって最強の恋愛テクは「セクシー」!? ムリなく身につけるコツは?】

■言葉遣いに気を使って

・「敬語を遣う」(27歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「偉そうにしない。何かを教えるときも、「一緒に頑張りましょう!」というスタンス」(25歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「業務を教える際、上から目線ではなく「頼りにしてます」という態度で接する」(31歳女性/商社・卸/事務系専門職)

「敬語で接する」という回答は非常に多かったです。やはり年上相手となると言葉遣いは何よりも気にする人が多いよう。中には「フレンドリーに接する」という回答もあったことから、お互い信頼関係が築けてやや距離が縮まってきたと感じたら、柔らかい口調で話すのも良さそうですね。

■敬意を払う

・「偉そうな態度は見せないようにする」(30歳女性/食品・飲料/事務系専門職)

・「注意するときも目上であると意識する」(28歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「仲がよくても礼儀は大切にする」(30歳女性/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「注意をする際はできるだけ人前を避ける、けれどはっきりと伝える」(28歳女性/自動車関連/技術職)

人生経験が自分よりも豊富な相手に対して、プライドを傷つけてしまうようなことは避けたいもの。ただし仕事経験と人生経験は別ですから、言うところはしっかりと言って伝えなければわからないこともありますね。

■仕事とプライベートを分けて

・「仕事上では後輩として、プライベートでは年上のお姉さんとして気配りをする」(25歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「仕事のうえでは自分が先輩になるけれど、人としては相手のほうが先輩なので人生の先輩として頼って相談したりするようにしている。恋愛などの相談」(29歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/秘書・アシスタント職)

仕事とプライベートで立場が入れ替われば、お互いが窮屈にならずにすみそうです。より仲も良くなり、大切な仕事仲間兼友人にもなれそうですね。

■相手に合わせて対応をかえる

・「気を使わせない程度に、ある程度丁寧語とため口混ぜて話すこと」(24歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

・「本人がどう接してほしいかを敏感に感じ取って、それに合わせる」(27歳男性/情報・IT/技術職)

自分がもし同じ態度をとられたら……と思うと、嫌なことや良いことの区別もつきやすいはず。相手の性格で接し方を変えるのであれば、相手からの言葉遣いや態度で判断してみるといいかも。

今回の結果では、言葉使いや態度で敬意を払った対応をしている人が多くみられました。ちょっとした気遣いを入れるだけでもグンと接しやすくなりますから、ぜひあなたもこれらを参考にして、年上の後輩と良い関係を築いてみてくださいね。


※『マイナビウーマン』調べ。2013年11月30日~12月2日にWebアンケート。有効回答数692件

お役立ち情報[PR]