お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

アラサー独女のスピリチュアル事情「つい占いを見てしまう」「婚期を具体的に知りたい」

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

パワースポット、パワーストーン、風水など、“特別な力”や“気”で自分の運気をアップさせたり、癒やしを得ようとすることってありますよね。そして、どうしても婚期が気になるアラサー女子にとっては、より関心が高まることも。そこで今回は、アラサー独女に、20代前半のころと比べて、占いやスピリチュアルへの関心度を教えてもらいました!



■つい見てしまう!

・「ついつい雑誌の占いを見てしまうようになった」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「朝、占いをテレビで見る」(27歳/電機/技術職)

つい気になってしまうのが占いですよね。見てよい結果ならいいものの、悪いと一気に気持ちが沈んでしまうこともありますが……。占いのほかに、「おみくじだけでもいい結果を求めてしまう」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)なんていう意見も。日々の生活がマンネリ気味なら、占いやおみくじをきっかけに行動的になってみるのもいいかも。

■すてきな出会いを待ってます!

・「いつごろ出会いがあるのか、結婚できるのかが具体的に知りたくなった」(32歳/商社・卸/事務系専門職)
・「恋愛がうまくいっていないときは、占いなどでなんとかモチベーションをあげようとしている自分がいます」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自分の考えや行動に自信がなくてうまくいっていないときなどは、ほかのものに頼りたい気持ちも強くなりますよね。これらで気持ちをあと押ししてもらえれば、もっと恋に積極的になれるかも。

■よいものはとにかく取り入れたい!

・「墓参りとか、神社参りとか積極的にしていきたいと感じてきた」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「パワースポットへの旅行回数が増えた」(30歳/小売店/事務系専門職)
・「風水で家具の位置を変えたりした」(27歳/医療・福祉/専門職)

何かきっかけになるようなことがあると、スピリチュアルへの関心も高まるのかもしれません。もしそれでいいことがあれば、なおさら頼りたくなってしまうのかも。

今回の結果では雑誌の占いから本格的な神社参りなど、その人によって占いやスピリチュアルへの関心度が大きくちがうことがわかりました。もし今のあなたが何かに頼りたいほど不安定な気持ちになっているのなら、ちょっとだけこれらの力を借りて行動を起こすきっかけにしてみるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数167件(26歳~34歳の未婚の働く女性)。

お役立ち情報[PR]