お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

社交的とは。詳しい性格と社交的になる方法

森川陽介(心理カウンセラー・講師)

社交的になりたいと思ったことはありませんか? 社交的になると、恋も仕事もうまくいくことが多いようです。社交的とは具体的にはどういう意味なのでしょうか。また、社交的になる方法とは。心理カウンセラーの森川陽介さんに伺ってみました。

心理学の世界では、「人間の悩みの90%以上は人間関係の悩みである」と言われることがあります。

多くの人たちが悩む人間関係という問題を、社交的な人たちは軽やかに越えていきます。

積極的に人とコミュニケーションを取り、人の話をしっかり聞いて、自分の弱さも素直にさらけ出すことができる社交的な人たちは、いつの時代も人気があるようです。

今回は、そんな社交的な人たちの特徴について考えながら、「どのようにしたら社交的になれるのか?」について解説していきたいと思います。

「社交的」とは

まずは「社交的」とは一体どういうことを指すのかについて考えてみたいと思います。

「社交的」の意味。対義語と類語は?

「社交的」という言葉をデジタル大辞泉で調べてみると「人とのつきあいに積極的で、つきあい方のじょうずなさま」とあります。

つまり、「周りの人と上手にコミュニケーションを取れる人」、「人付き合いの上手な人」といえますし、「世渡り上手な人」ということもできるかもしれません。

一方、社交的に振る舞うのが苦手だからといって必ずしも悪いイメージを持たれるとも限りません。

クールな人、寡黙で真面目な人、周りに流されない強い意志を持っている人と見られることもあるでしょう。

社交的な人の特徴

では社交的な人には具体的にどのような特徴があるのか挙げてみましょう。

(1)親しみやすくて話しやすい

社交的な人の一番の特徴はコミュニケーション能力が高いということです。

分け隔てなくさまざまな人と交流を持つことができるので、周りの人からは親しみやすい、話しやすいという印象を持たれることが多いでしょう。

(2)人の話を聞くことができる

社交的な人は自分が話すことだけではなく、人の話を聞くことにも長けています。

上手に相槌を入れながら話を聞いたり、相手の気持ちに寄り添ったりすることもできるので、相談事をされたり、アドバイスを求められることも自然と多くなります。

(3)素直に自分の感情を表現できる

心理学の世界では、「あなたが分かりやすい人であればあるほど、愛される」という言葉があります。

社交的な人は自分が好きなものや興味のあること、時には失敗談や自分の弱さですら素直に表現することができるので、人から愛されやすくなります。

(4)一緒にいて良い気分になる

心理的に、人の感情は共鳴するといわれています。話し相手が会話を楽しんでくれていると、こちらまで良い気分になるものです。

社交的な人は、人との会話を楽しみ、うれしさや喜びなどの良い感情を抱く達人なので、一緒にいると良い気分になれます。

次ページ:社交的な性格のメリット・デメリット

SHARE