お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 コーディネート

男性ヒヤヒヤ! フォーマルな忘年会でNGな女性の服装「派手色ドレス」「年相応でない服」

会社勤めをしていると、目上の人が出席する、フォーマルな忘年会に出席することも多々あります。お酒の席とはいえ、仕事は仕事。一体どのくらい着飾ればいいのか、悩んでしまいます。「なぜこんな恰好を?」と思われるのは避けたい! という女性にかわり、今回は「男性が思う、フォーマルな忘年会でNGな女性の服装」を調査。反面教師としてどうぞ!

■露出しすぎ

・「ピンクで胸元が開いたセクシーなドレス」(36歳/通信/技術職)

・「短すぎるスカートに高すぎるヒール」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

・「スケスケのドレス」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

ほどよく露出度の高い衣装は、やり過ぎた途端に「男性ウケが悪いファッション」へと転落してしまうよう。その線引きが難しいですが、TPOに合わせてはおりもので調節するのがベターのよう。

■派手すぎ?

・「赤いひらひらしているドレス」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「上下とも派手な色のドレス」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「チャイナドレス」(31歳/学校・教育関連/専門職)

場で浮いてしまうほどの派手ファッションは、男性ウケを期待できません。チャイナドレスは、注目を集めやすいぶん、評価もわかれやすい衣装と言えそうです。万人ウケを目指すなら、避けた方が無難!?

■地味すぎてもNG

・「黒いドレス、お葬式と勘違いした」(28歳/自動車関連/技術職)

・「地味な色でヨレヨレのドレス」(33歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

派手過ぎが駄目なら、なるべく地味に……と考えがちですが、こちらもNG。ドレスやスーツが地味な場合には、コサージュやヘアスタイル、メイクや小物などで、華やかさを演出! お葬式スタイルにならないよう注意しましょう。

■年齢にそぐわない

・「ピンク色でうさぎさんのかばんを持っている子です。ドン引きというか精神年齢を疑います……」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「年齢に合わないような派手なドレス」(36歳/人材派遣・人材紹介/経営・コンサルタント系)

衣装の雰囲気が、着る人の年齢に合っているかを重視する男性は多いようです。幼すぎても、大人すぎても、そこには違和感だけが残ります。本人は「可愛いつもり」なのかもしれませんが、そう思っているのはどうやら本人だけ?

■なぜその格好で?

・「普段着のようなTシャツとジーンズ」(37歳/情報・IT/技術職)

・「スポーツウェア的な格好」(28歳/機械・精密機器/技術職)

目上の人も参加するフォーマルな場所で、「一体、なぜそのファッションをチョイスしたの?」と聞きたくなってしまうような意見もありました。気軽な気持ちで参加してしまったのでしょうか。「ちょっとそれは……」と注意するのは、周囲の優しさです。

■まとめ

「派手すぎても地味すぎてもNG」と、男性からのファッションチェックの目は、意外と厳しいようです。場の雰囲気を考え、TPOに合わせた装いを心掛けましょう。場の雰囲気が分からない場合には、先輩社員や同僚にリサーチしつつ、ちょうどいいおしゃれを目指したいものですね。

※『マイナビウーマン』調べ。2013年11月にwebアンケート。有効回答数 男性175件

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]