お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

脈ナシ男性の心を揺らす! 「恋の引き際」9つの作法

恋愛部長

「恋の引き際」まとめ

【恋のピンポンダッシュ、印象に残る引き方とは】

1)片思いのときは、なるべく早い段階で、軽く押して引く「ピンポンダッシュ」をしてみるのがオススメ
2)自分に気があるのかどうか微妙、と思わせる押し方と引き方のバランスが大切
3)ピンポンダッシュしてみて引かれたら、絶対に押し続けてはダメ。必ず引き返すこと
4)アプローチに態度が固くなるのは、「これ以上恋愛関係に進むつもりはない」という意思表示。それを察して
5)引くときは、相手にわかりやすく引くこと
6)引くときは、「今は可能性がない」と判断して〝脇に置く”感覚で
7)彼を本当に好きなら、彼の気持ちを尊重させて、距離を保つことも大切
8)引き際が美しいと、相手の印象にも残る
9)いつか流れがまたきたときに、新たな気持ちでアプローチしよう。向こうからアプローチされることだってある

※この記事は2013年11月07日に公開されたものです

恋愛部長

自身の豊富な失恋経験・恋愛アドバイス経験をもとに、恋愛ブログ「恋はいばら道」を連載中。10代から40代まで幅広い女子の共感を呼ぶ。著者に『28歳からの必勝ルール 恋愛部長の恋のムチ』(大和出版)、『にっちもさっちもいかない恋がうまくいく本』(大和出版)など。

この著者の記事一覧 

SHARE