お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ねむりのヒミツ

大声で気合注入!? 寝不足の朝に「目をシャキッとさせる方法」

寝不足気味の朝は、どうしてもボーッとしがち。かといって二度寝する時間もないとなれば、一瞬で目が覚めるような策を講じる必要がありますよね。そこで今回は、働く女子が実践している、眠たい朝に目をシャキッとさせる方法について聞いてみました!

■内臓に刺激を与える!?
・「なるべく朝日を浴びて、しっかり朝ごはんを食べる」(27歳女性/不動産/事務系専門職)
・「ドリンク剤を使う」(26歳女性/電機/技術職)
・「梅干しを食べることです」(24歳女性/不動産/秘書・アシスタント職)
・「氷をひとつ口に入れる」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/技術職)

飲み物ではほかに、牛乳、コーヒー、フレッシュジュース、炭酸飲料などがありました。食べ物・飲み物を摂取することで内臓が活発に働き、身体も起きますものね。

■水の刺激で目を覚ます
・「シャワーを浴びる」(30歳女性/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)
・「顔を思いっきり洗うこと、歯磨きですっきりすること」(24歳女性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「目薬」(32歳女性/商社・卸/事務系専門職)

洗顔は水・氷水といった回答が多数。冷たい水で身体が刺激されると、目も覚めやすいのかもしれませんね。

■自分に喝!?
・「耐える」(28歳女性/商社・卸/営業職)
・「頬を軽く叩く」(24歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・「シャーと言って、気合を入れる」(31歳女性/情報・IT/事務系専門職)

自分に喝を入れるという人も。意外と気合を入れれば何とかなるものです。

■とりあえず今やれることを……
・「とりあえず起きていつも通り準備する」(33歳女性/その他/事務系専門職)
・「とりあえず通勤途中で寝る」(31歳女性/電機/秘書・アシスタント職)

とりあえず普段どおりに行動するという回答も。準備している最中に目が覚めてくることを期待し、目が覚めなければ電車の中で寝るようです。

いかがでしたか? 朝なかなかシャキッとしないという方は、実践できそうなものを早速試してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年7月にwebアンケート。有効回答数313件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]