お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

働くママが自宅の近くに欲しいのは「保育所」。住まい選びでも考慮すると回答

住まい選びをする際、近くにあったらうれしいものは?

不動産情報サービスのアットホームは、?いつかは住宅を購入したい?と考えている、全国の20~40代の働く母親375名を対象に、「子育てと住まいに関するアンケート調査」を実施した。調査期間は4月12日~4月16日。

●住まいの近くにあったらうれしいものは「保育所」

住まい選びをする際に近くにあったらうれしいものは、「保育所(46.7%)」が1位だった。次いで、「自分の勤務先(41.3%)」、「自分の実家(38.4%)」となり、この上位3項目の回答率が高くなっており、働く母親は、通勤時間や親の助けなど、子育てをしながら働くうえで便利な環境を望んでいることがうかがえる。

●首都圏では半数以上の人が、保育所探しに苦労している

保育所探しに苦労しましたか(または、していますか)?

保育所探しに「苦労した」あるいは「今苦労している」人は、40.5%。なかでも首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)では、50.5%と過半数にのぼっている。

子どもを預けるとしたら、どこの保育施設が理想ですか?

また、子どもを預けるのに理想的な保育施設の場所は「自宅の近く(69.9%)」が圧倒的に多く、通勤前と仕事帰りの送り迎えには自宅近くの保育施設が一番便利だと考えているものの、待機児童の多さが特に深刻な問題になっている首都圏では、厳しい状況がうかがえた。

●住まいを購入する際は、入所できる保育所の有無を考慮

入所できる保育所の有無を考慮しましたか?

現在の住まいを探した際に、入所できる保育所の有無について「考慮していない(62.1%)」と回答した人は6割以上。これは、現在の住まいに引っ越したタイミングが、「結婚前(27.5%)」、「子どもが生まれる前(41.3%)」だった人が多いからだと考えられる。

入所できる保育所の有無を考慮しますか?

一方、今後住まいを購入する際には「考慮する」が61.6%にのぼっていることから、実際に子どもができたり、子育てと仕事を両立してみて、保育所の重要性に気付いた人が多いことがわかる。

●自分の実家との理想の距離は「近居(近隣居住)」

自分の実家との理想の距離は?

実家までの理想の距離について、自分の実家は「近居(近隣居住)(73.3%)」と回答した人が7割を超えた。ちなみに、「近居」というのはどのくらいの距離感を想定しているのか、「近居」と答えた人に理想の所要時間を聞いたところ、平均で「徒歩12.3分」となっている。

夫の実家との理想の距離は?

一方、夫の実家では、「近居」が約3割に減り、「近くなくてよい」が62.9%と、6割を超え、仕事などで困ったときに、自分の実家には預けやすいが、夫の実家には預けにくいという意識が表れていることが考えられる。

SHARE