お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 マネープラン

赤字体質の原因は“チリ積も出費”! 貯まる女子になるには?

花輪陽子

恋愛、転職、結婚、出産……、さまざまなライフイベントに、マネーの悩みはつきもの。なかなか人には相談しにくいお金とライフプランのお悩みを、編集部が読者に代わり、FP花輪陽子さんにガチンコ相談!

今回の相談者は「何にお金を使っているのかまったく把握できずにいる」というHappyturnさん(仮名・33歳)。毎月の収支が赤字で、ボーナスから補てんしているため、貯金できずにいるそう。いざというときのために貯蓄しておきたいと思いつつも、お金に対する苦手意識があり、なかなか行動に移せていないとか。赤字生活脱出の最初の一歩はどう踏み出せばいい?(取材・文/島影真奈美)
※Happyturnさん後編はこちら

お金を貯められたことが一度もなかった私でも、お金を貯められる?

毎月3~5万円程度の赤字になってしまい、ボーナスから毎回30万円ほど補てんしています。残りのボーナスは別口座に入れてありますが、半年に1回ぐらい海外に行くときなど、“いつでも引き出せるお金”として活用。結果、貯蓄が全然増えないんです。お付き合いしてる彼が海外在住で、半年に1回ぐらいしか会えないので、お金を貯めてもっと頻繁に会いに行きたいし、できれば自分も移住したいぐらい。ルームシェアで家賃節約することも検討中。昔からずっと、あればあるだけお金を使ってしまうタイプだった私もお金を貯められるようになりますか?(Happyturn/情報・IT/事務職/33歳)

【Happyturnさんprofile】ひとり暮らし。手取り年収400万円、手取り月収24万円。家賃は8万5,000円。週1回ペースで英会話とヨガの教室に通うかたわら、週2回はスターバックスで英語の勉強をする。夕食は外で食べることが多く、料理をするのは月2回ぐらい。ポイントを貯めるため、買い物はほぼクレジットカードで支払う。友だちに遊びに誘われると、つい二つ返事で行ってしまうとか。また、ファストファッションが好きで、会社帰りにFOREVER21やZARAなどをチェック。パトロールするかのように通ってしまうそう。現在の貯蓄は約100万円。3年後ぐらいまでには約300万円貯めておきたい。

編集部 今回の相談者は、赤字続きで全然貯金できずにいるという、Happyturnさんです。そんなにぜいたくをしている自覚はないけれど毎月3万円~5万円の赤字が積み重なり、結果、ボーナスが手元に残らなくなってしまっているそう。

花輪陽子(以下、花輪) Happyturnさんの家計を見ると、これといって突出した出費があるわけではなく、まんべんなく予算オーバーしています。今の20代~30代の方にもっとも多いタイプと言えるかもしれません。

編集部 ひとつひとつの金額がさほど高くないと、買うときの抵抗感も少ないので、かえって衝動買いしやすくなりそうです。

花輪 ファストファッションなどはまさにその典型例ですね。手持ちのお金で買えてしまうようなアイテムだからこそ、買うつもりがなくても、つい買ってしまう。特にほしいものがあるわけではないのに店に行くのは、誘惑されに行くようなもの。貯蓄を遠ざける習慣だと考えたほうがいいですね。

編集部 日常のなかの何気ない習慣を見直してみるのは案外重要かもしれませんね。 Happyturnさんも以前は3日に1回、1万円ずつお金をおろしていたけれど、今はクレジットカードを常用していることもあり、週に1回、1万円をおろすという生活に変わったそうです。

花輪 お金がなくなったらおろすのではなく、半月分や1カ月分などまとまった額をおろし、細かく1週間分にわけてやりくりしたほうが、支出は把握しやすくなります。ただ、クレジットカードを多用してしまうと、結局こまごまお金をおろしているのと同じことになってしまうのが気になりますね。

編集部 普通預金の口座がマイナスになっても、月々決まった額を別の口座に積み立てるというのは効果的なんでしょうか?

花輪 あまりオススメできない方法です。移すのをやめるか、無理のない額に減らし、まずは月々の生活費が赤字になるのを食い止め、ボーナスから貯めるのを目標にしたほうがいいですね。

編集部 Happyturnさんの場合、定期預金の残高を見たのは3年前ぐらい。怖いので見ないようにしているとか。赤字体質を脱するために、まずできることはありますか?

【次ページ】「通帳記帳」「クレジットカード明細チェック」だけでよい

お役立ち情報[PR]