お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自分から連絡しない男性心理。連絡をもらう方法は?

織田隼人(心理コーディネーター)

連絡をもらうための攻略法

上で「返事がしやすく楽しい内容のメッセージ」の場合は返事がきやすいと織田さんが解説していますが、具体的にどのようなメッセージを送ると相手から連絡をもらえるようになるのでしょうか。

連絡をもらうコツ

彼を楽しませる内容にする

とにかく「明るい話」「和ませる話」「癒しのある話」などをするようにしましょう。楽しい内容のものであれば、男性から「それおもしろいね」「いいよね」といった返事をもらうことができます。

マメに用事を伝えるようにする

「コミュニケーションのためのコミュニケーション」が苦手な男性でも「用事のやりとり」はできます。ですから、「用事を伝える内容」をメインにやりとりをすると、連絡がとりやすくなります。やりとりが増えることで、こちらからだけでなく自然に男性から用事を頼まれることが増えてくるでしょう。もし好きな相手が仕事仲間ならば、会って話すだけではなく、LINEやFacebookのメッセージ、社内用のメッセンジャー、メールなどを使って用事のやりとりをするようにしましょう。そうすると、連絡慣れをして、気軽に連絡を入れられるようになります。

返事をもらうたびに喜ぶ

連絡をするのが苦手な人は、連絡をする「メリット」を感じていない人が多くいます。「自分にメリットが少ないので連絡をしない」というわけです。ですので、連絡を入れるメリットを男性に感じてもらえばいいのです。たとえば、どんな内容であっても男性から連絡がきたら「ありがとうございます!」「連絡してくれてうれしいです!」と喜びましょう。こうして喜んでいくうちに、男性もうれしい気持ちになったり誇らしくなったり、連絡をすることに「メリット」を感じるようになります。こうすることで、連絡するメリットを覚え、連絡をしてくれるようになるケースも多いです。

次ページ:早々に見切らずに送るメールにひと工夫加えてみよう

SHARE