お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

男性はどう思ってる? “ゲス不倫”にハマる未婚女性へ一言

ファナティック

最近、ネットやテレビで何かと話題になることが多い「不倫」。「ゲス不倫」なんて言葉も世間を賑わせたことがありますね。世の中には、不倫にハマッてしまう女性も確かにいます。ずぶずぶにハマッて、自分の恋を正当化するために「好きな人がたまたま結婚していただけ!」なんてことを言う人も……。正直言って、そういう女性に対し、世の男性たちはどんな風に思うのでしょうか? 働く男性たちに、不倫女性たちに対する、一言アドバイスをもらってきました。

■やめた方がいいよ……

・「不倫の着地点は相手を含めて地獄しかないのでやめましょう」(32歳/その他/事務系専門職)

・「大事になるので早めにやめたほうがいい」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「自分も不幸になるだけだから、早く目を覚ませ」(32歳/その他/技術職)

・「最後に傷つくのは自分だと思います。早く目を覚ませ!」(26歳/その他/販売職・サービス系)

幸せな未来を迎えることも、可能性がゼロとは言いません。しかし、難しいのは事実です。苦しい道を歩むよりも、幸せな道を選んだ方がいい、と男性たちは言いたいのでしょう。

■なんで確かめなかったの?

・「相手がいるかどうかの確認は普通しないのか?」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「いつ奥さんの存在を知ったのか。知らないならまだしも知っているなら、罪悪感とか沸かない?」(27歳/その他/その他)

「後から知った」という人も確かにいるでしょうが、相手に奥さんがいるかいないか、ある程度の年齢になれば、確かめるべきことなのかもしれません。

■本当にその人がいいの?

・「相手が信用できる人間かもう一度見直す必要がある」(35歳/その他/その他)

・「よく相手と会話し、嘘をついていないかを見極める」(34歳/自動車関連/技術職)

・「相手の方は、あなたの体が目当てですよ。ほかにもいい人はいっぱいいますよ」(35歳/建設・土木/技術職)

不倫相手のことを冷静に観察することは、恋の熱に浮かされている状態だと難しいかもしれません。でも、冷静に相手を見ることで、本当に恋をすべき相手なのか、わかることもあるでしょう。

■後悔はしないように!

・「好きになっちゃったのは仕方ないね! バレないように気を付けて」(37歳/その他/技術職)

・「人生は一度きり。後悔は無いように。でも自己責任で」(35歳/小売店/事務系専門職)

・「後悔しないように今を楽しく生きればいい」(30歳/商社・卸/技術職)

本当に愛してしまったのなら、もうあとは後悔しないように愛しぬく。それも一つの生き方でしょう。ただし、自分の行動で、将来的に、誰かを大いに傷付ける可能性があることを忘れてはいけませんね。

■まとめ

おおむね、不倫に対して否定的な意見が集まりました。「周りに悲しむ人がいるとか、後から後悔しないか諭す」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)、「結婚したときに、自分も同じことされますよ」(35歳/情報・IT/事務系専門職)のように、不倫をしてはならない、と冷静に諭そうとする人もいます。本当にお互いを愛しているのなら、交際をするのは、男性側が、本来のパートナーと関係を解消してから。そうすれば、相手の誠実さを感じることができそうですね……。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数199件(25歳〜35歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ