お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 恋愛全般

●●の食べ方がカンペキ! 彼氏に「育ちのよさ」を感じた瞬間10

ファナティック

彼氏を選ぶときに「育ちがいい」ということを条件にしたわけではないけれど、彼の言動を見ていて育ちが良さそうだなと感じるとうれしくなりませんか? 彼女としても、彼の存在を自慢に思える育ちが良さそうな振る舞い。女性たちは、どんなときにそれを感じるのかアンケートを採ってみました。

■人に対する気遣いができる

・「人を気遣える、優しい人だと言うこと。ご両親も優しい方なんだろうと思えるから」(35歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「自分が体調が悪いときや落ち込んでいるときに気遣ってくれて、食事を作ってくれたりする」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『○○大丈夫?』など、私のことを逐一気遣ってくれたとき。親御さんからもそういう風に育てられたのかなと思う」(33歳/不動産/専門職)

彼女である自分に対しての優しさはもちろん、ほかの人に対しても自然に優しく振る舞える。こういう彼なら両親も同じように優しくて穏やかな人なのだと思えますよね。結婚すれば家族になる彼の両親。こういう彼を育てた両親なら安心して家族にもなれそうです。

■話し方やしぐさがていねい

・「歩くときや扉の開け閉めなど、手を最後まで添えて閉めたとき」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「店員さんとかに対してもていねい接する人」(28歳/金融・証券/営業職)

・「穏やかにしゃべるところは育ちがいいなと思いました」(32歳/その他/その他)

話し方がていねいできちんとした言葉遣いができるというのも、子どものころからのしつけのたまもの。大人の男としての余裕を感じさせるスマートな立ち居振る舞いが自然に出てくる彼なら、厳しく常識を教えてくれる家庭に育ったのだと思えますよね。

■食事マナーや清潔感などが身についている

・「高級な和食屋さんに連れて行ってくれた彼が、食べ方の難しい料理、魚などをとてもキレイに食べたときに、この人、育ちがいいと思いました」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「お箸の持ち方がキレイで、食べ方もキレイ」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「洋服を大切にしていて、小まめにクリーニングを出しているとき」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「さりげないおしゃれが上手。普段から品質のいいものを身に着けている感じがした」(25歳/食品・飲料/専門職)

料理をキレイに食べられて高級店に行っても恥ずかしくないマナーが身についている。一緒にいても恥ずかしい思いをさせられることがない彼というのも、安心して付き合えそう。日常の何気ないしぐさや行動だけでなく、持ち物や身だしなみのととのえ方についても育ちの良さというのは現れそうですね。

■まとめ

彼にとっては当たり前の行動だとしても、見ていて好感を持てる振る舞いには育ちの良さを感じさせるものが多そうですね。習慣として身についている食事のマナーや社会的な常識、言葉遣いなどは1日や2日で治せるものではないので、それが自然にできる彼となら将来のことを考えたときの不安も少なそう。みなさんは彼の普段の振る舞いを見ていて「育ちの良さ」を感じたことがありますか?

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月12日〜8月15日
調査人数:101人(22歳〜34歳の女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ