お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

「もう、ないわ」彼氏や夫を男性として見ることができなくなった瞬間7

ファナティック

浴衣付き合いはじめの頃は、彼の前で着替えをするのも恥ずかしかったのに、付き合いが長くなると、だんだん気にならなくなることがありますよね。それは男性にとっても同じことのようです。今回は「彼やダンナさんを男性として見られなくなった瞬間」について、女性のみなさんに聞いてみました。

■オナラや鼻毛

・「オナラや鼻をほじってるのを見たとき」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「私の前で鼻毛を抜いていたとき」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「オナラをこきまくられたとき。もう家族としてみてしまい、男として見られなくなった」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

あんなにかっこよかった彼やダンナさんでも、オナラしたり鼻をほじったり、鼻毛を抜く姿を見たら100年の恋も冷めますよね。それだけ気のおけない仲になったという証拠でもありますが、男性としてみるのは難しいかも?

■だらしない

・「だらしない格好をしてるとき」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「だんだん太ってきてだらしなくなったとき」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「自分自身に甘くだらしなくなり、体もだらしない体になり、自分磨きをしなくなると魅力もなくなり、別れたくなりました」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

家にいるときにだらしない格好をしていたり、だんだん太ってきて体がだらしなくなるのも、見た目に気を遣っていないので異性として見られなくなりますよね。付き合い始めの頃はかっこよかったのに……と遠い目をしてしまいます。

■彼氏というより……

・「あまりにもイラついたとき。男というより敵と見えた」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「甘えてるつもりなのか、膝の上からどかないと言ってたとき。彼氏というより大きい子どもに感じた」(28歳/建設・土木/技術職)

・「よく相談に乗ってもらっていたら、お兄さんのように見えてきて、彼氏として見られなくなったことがある」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

イライラしているときは敵に見えたり、甘えられると彼氏というよりは「大きい子ども」に見えることもあるようです。彼に相談をしていたらお兄さんのように見えてくるなんて、ちょっと切ない気がしますよね。

■もはや人としてアウト!

・「浮気されて、人間以下だと思ったとき」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「彼氏が母親と手をつないで買い物をしているのを見てしまったとき。マザコンかよと思い引いた」(27歳/情報・IT/技術職)

浮気をされたらもはや「人間以下」だし、マザコンな一面を見てしまったらドン引きしてしまいますよね。彼やダンナさんという特別な立場から、一気に「人間以下」という立場に転落する瞬間と言えそうです。

■まとめ

「彼やダンナさんを男性として見られなくなった瞬間」として、さまざまなエピソードが寄せられました。オナラやだらしない格好など、相手が自分に対して気を遣わなくなったときが「男性として見られなくなった瞬間」と言えそうです。親しき仲にも礼儀ありという言葉もあるので、最低限の恥じらいは忘れないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数142件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ