【医師監修】妊娠初期に「寒い」と感じるのはなぜ?赤ちゃんへの影響は?

【医師監修】妊娠初期に「寒い」と感じるのはなぜ?赤ちゃんへの影響は?

妊娠初期に感じる「寒さ」。背中がゾクッとしたり、ブルッと震えたりといった症状は、体調が変わりやすい時期だけに気になりますよね。果たしてどんな原因が考えられるでしょうか。赤ちゃんへの影響があるかどうかも含めて、解説します。


この記事の監修ドクター
浅野仁覚先生
アルテミスウィメンズホスピタル(東京都東久留米市)院長。福島県立医科大学、同大学院卒業後、社会保険二本松病院、南相馬市立総合病院産婦人科医長、福島県立医科大学附属病院総合周産期センター(母体・胎児部門)助教、東府中病院副院長を経て現在に至る。日本産科婦人科学会専門医、医学博士、J-MELSベーシックコースインストラクター

妊娠初期の寒気とは?

Getty logo

いつも以上に体調が変わりやすい妊娠初期。

この時期に特に起こりやすい症状に、「背中がゾクゾクする」「なんだか寒気がする」といったものがあります。暖かい部屋にいても温まらず、エアコンの温度設定を高くしたり、一枚上着を羽織ったり……という人もいるでしょう。

こうした感覚の変化は妊娠に伴うものだけでなく、風邪やインフルエンザなどの初期症状の可能性もあります。詳しく見ていきましょう。

つわりによる低血糖の影響

妊娠初期は「つわり」と呼ばれる消化器の不快な症状が現れやすい時期です。人によっては気持ちが悪いだけでなく、食べ物を受け付けなくなることも。そんな時は低血糖を起こしやすくなっており、その症状のひとつに「寒気」があります。

女性ホルモンの影響

Getty logo

妊娠初期に寒さを感じる原因としては、女性ホルモンの影響も考えられます。

女性ホルモンのひとつであるプロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠の成立や継続に必要なホルモンですが、視床下部にある体温調節中枢に働きかけて、体温を上げるという作用もあります。排卵後に基礎体温が上がる高温期(高温相)になるのも、このプロゲステロンの働きによるものです。

妊娠が成立すると、しばらくの間高温期が続くため、ほてりなどを感じる人も少なくありません。

そんなほてりを感じる一方で、寒気を感じる人もいます。それは、女性ホルモン分泌量の大きな変化によって、自律神経のバランスの乱れを引き起こし、その症状のひとつとして寒気につながっていると考えられます。

風邪やインフルなど感染症の可能性も

Getty logo

ここまで見てきたのは妊娠初期の生理的な変化に伴う寒気ですが、風邪やインフルエンザの初期症状でも同じような症状が現れることがあります。

寒気のあとに急に熱が上がったときや、のどの痛みや鼻水、咳などの風邪症状が出たときは、風邪やインフルエンザにかかっている可能性が高いといえます。妊娠中は感染症にかかりやすいので注意が必要です。

流産の可能性は?

この時期、最も不安に思うことの一つが、「流産」でしょう。

「寒気は流産の兆候」という説もありますが、科学的な根拠はありません。ただ、寒気以外にも別の症状(強い腹痛や不正出血)があるときは何らかのトラブルが起きている可能性があるので、すぐに産婦人科に連絡し、指示を仰ぎましょう。

妊娠初期に寒気を感じたときの対処法

妊娠初期の寒気の多くは生理的なものですが、不快なものには変わりないです。すぐにできる対策・対処を紹介します。

つわりの時期の悪寒は?

Getty logo

つわりの症状は、空腹時により強く感じる人も多くいます。寒気も同様で、空腹時の低血糖傾向にある時、例えば朝起きた時や移動中などでも食べられるように、ベッドサイドに軽食を用意しておいたり、カバンの中にキャンディーを入れておくといいでしょう。

ゾクッと感じたときは?

Getty logo

普段同様、寒さを感じたときは、上着やストールをはおるなどして体の熱を逃がさないような対策を。厚手のソックスやスカーフで冷えやすい首や足首を温めるのも、一つの方法です。

時間があったら入浴を。ゆっくりと湯船に浸かって体を芯から温めます。足湯でもOKです。

食事もなるべく温かいものにし、飲み物も冷たいものはなるべく避け、常温か温かいものを心がけて、体を内側から温めましょう。

体が温まって汗をかいてきたら、下着は濡れたままにせず取り替えること。汗で体が冷えるのを予防できます。

寒気以外の症状もあるときは?

妊娠初期は寒気以外にも頭痛やめまいなどを感じる人も少なくありません。そのような症状を伴うときは、妊婦健診の際に産婦人科医に相談を。健診までまだ日があるときは、電話で一度かかりつけの産婦人科に状況を説明し、どんな対策をとったらいいのか聞いてみましょう。必要があれば受診します。

発熱や下痢、のどの痛み、鼻水、咳などの症状を伴うときは、感染症の可能性が高いので、まずかかりつけの産婦人科や内科に電話で状況を説明し、指示を仰ぎましょう。電話では必ず、現在妊娠していることを伝え、受診の際は母子手帳を持参します。いずれにしても、寒気がして「風邪かも?」と思ったら放置しないこと。

インフルエンザの場合、早期(症状が出てから48時間以内)に抗インフルエンザウイルス薬を服用を開始できれば、重症化防止に効果があるとされています。妊婦がインフルエンザに感染すると重症化しやすいので、流行前にインフルエンザワクチンを接種しておきましょうね。

また、インフルエンザ以外にも、A群溶血性レンサ球菌感染など母児にとって重篤な感染症の可能性もありますので、高熱が続く場合はかかりつけの産婦人科へ相談してください。

まとめ

Getty logo

妊娠初期は女性ホルモンの影響で、背中がゾクゾクしたり、寒気を感じたりすることがあります。多くは生理的な現象なのであまり心配せず、保温ケアで体調を整えましょう。
一方、寒気に伴って熱や咳、のどの痛み、下痢などの症状が出ていたら、それは妊娠による現象ではなく、感染症が疑われます。なるべく早く内科や産婦人科に連絡して指示を仰ぎましょう。

(文:山内リカ/監修:浅野仁覚先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケアブランド『MEDIBABY(メディベビー) 』から、「薬用モイストホワイトニングクリーム」、「薬用保湿ローション」、「薬用保湿ミルクジェル大容量」が、6月29日より発売されます。 


【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

ビーボは、現在妊娠中の女性を対象に「妊娠初期の悩みや不安」に関する調査を実施しました。


コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビと通販サービス「Cake.jp(ケーキジェーピー)」は、『マタニティさんをお祝いするベビーシャワーケーキ』の販売を開始しています。


クラランス、妊娠中の肌にうるおい&しなやかに整える“ボディクリーム”が登場

クラランス、妊娠中の肌にうるおい&しなやかに整える“ボディクリーム”が登場

クラランスから、妊娠中にダメージを受けやすい肌を、よりやわらかくしなやかに整えるボディ用マッサージクリーム「ボディパートナー」が、4月中旬より発売されています。


【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

妊娠したい場合、排卵のころに合わせてセックスをしたら、その後気になるのが「着床」したかどうか。排卵、受精、着床という流れはよく注目されますが、「着床の後」には何が起こるのでしょうか。ここでは無事、着床したら赤ちゃんはその後どのように育っていくのか、あらましを紹介します。


最新の投稿


【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

授乳というと横抱きのイメージですが、縦抱きでも授乳はできます。でも、生まれたばかりの赤ちゃんはとても小さくて柔らか。首も腰も据わらずふにゃふにゃしているので、抱っこをするのにもドキドキしてしまいますね。そんな月齢が低い赤ちゃんでも縦抱きで授乳しても大丈夫なのか、どんな場合に向いているかなどを解説します。


【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

胎動の激しさと赤ちゃんの発達・発育には関係があるのでしょうか?赤ちゃんの動きが激しいことで悩むママに向けて、助産師が詳しく解説します。胎動に関する注意点や、赤ちゃんの変化にいち早く気づく方法についてもチェック!


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

産後のママの体の変化のひとつが「生理(月経)の再開」です。妊娠を機におよそ40週の間ストップしていた生理は、産後しばらくしてまたスタートします。今回は「産後の生理はいつ再開するの?」「授乳中はずっと生理がこないの?」などの疑問に答えるほか、産後の性生活に関するアドバイスや注意もお伝えします。