ママのための悩み解決サイト

妊娠4週目に関する記事


【医師監修】妊娠初期に気をつけること 体の状態・食事・過ごし方

【医師監修】妊娠初期に気をつけること 体の状態・食事・過ごし方

妊娠初期とは、妊娠4ヶ月までのこと。週数では妊娠0週~15週にあたり、妊娠が始まって赤ちゃんの身体が形成されていく大事な時期です。この時期、赤ちゃんや母体はどのようになっているのでしょうか? 生活において注意しておきたいこととは? 妊娠初期の過ごし方についてまとめました。


【医師監修】妊娠初期に気をつけるべき事とは?症状と食事や生活について

【医師監修】妊娠初期に気をつけるべき事とは?症状と食事や生活について

妊娠期間は初期・中期・後期の3区分に分けられ、妊娠14週未満 が妊娠初期とされています。赤ちゃんの重要な器官が形作られていく大切な時期を健やかに過ごすために気をつけたいポイントをご紹介します。ご家族と一緒にお読みください。


【医師監修】妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠4週、5週、6週、7週)

【医師監修】妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子(妊娠4週、5週、6週、7週)

妊娠2ヶ月は尿検査で妊娠が判明するころ。赤ちゃんの重要な器官が育つ時期のため、食生活や健康管理には注意が必要です。また、つわりの症状が出るママも。妊娠2ヶ月のママと赤ちゃんの様子、心がけたいことなどについてまとめました。


【医師監修】妊娠初期の関門!赤ちゃんの心拍確認についてもっと知りたい!

【医師監修】妊娠初期の関門!赤ちゃんの心拍確認についてもっと知りたい!

せっかく妊娠しても、残念ながら妊娠初期に流産してしまうことは決して珍しくありません。そして、そのころの流産に至る確率の予想に役立つのが、胎児の心拍です。いわば、心拍の確認は妊娠初期の関門といえます。詳しく説明していきましょう。


【医師監修】稽留流産って何?予防法はあるの?流産の種類とその原因

【医師監修】稽留流産って何?予防法はあるの?流産の種類とその原因

妊娠を待ち望んでいた人なら、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、飛び上がるほどうれしい気持ちになることでしょう。しかし、妊娠初期は流産の可能性が高く、まだまだ油断できない状態です。流産には何種類かありますが、そのうちのひとつである「稽留(けいりゅう)流産」について、詳しく説明します。


【医師監修】妊娠4週はどんな時期? 初期症状と赤ちゃんの状態、起こりうるリスク

【医師監修】妊娠4週はどんな時期? 初期症状と赤ちゃんの状態、起こりうるリスク

妊娠4週は、妊娠していなければ次の生理開始予定日ごろ。そろそろお⺟さんが「妊娠したのかな︖」と気づき始める時期です。ここでは妊娠4週の症状、お腹の中の⾚ちゃんの状態、この時期に気をつけたいことなどをご紹介していきます。


【医師監修】妊娠初期に運動しても大丈夫? 注意点とおすすめの運動方法

【医師監修】妊娠初期に運動しても大丈夫? 注意点とおすすめの運動方法

妊娠4ヶ月までの妊娠初期は、気持ちも不安定になりがち。まずはリフレッシュのために運動を思いつく妊婦さんも多いのでは。適度な運動はもちろん体調を整えるのにも役立つでしょう。ただし 、妊娠中の運動には少し注意も必要です。ここでは「妊娠初期の運動」について、気を付けておきたいことなどを紹介します。


【医師監修】妊娠初期の腹痛の原因と注意すべき腹痛とは?

【医師監修】妊娠初期の腹痛の原因と注意すべき腹痛とは?

妊娠初期に腹痛があると、もしかして流産では? と心配になってしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。ただ、妊娠初期に起こる腹痛はめずらしい症状ではありません。妊娠初期の腹痛はどんなことが原因で起こるのか見ていきましょう。