お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

夫の本音! 妻が食事or飲みに出掛けるのはどれくらいの頻度ならOK?

ファナティック

結婚後も独身時代と同じように飲みや外食を楽しみたいと考える人もいるかもしれませんが、実際には家事や旦那さんの都合もあって、頻度は減ってしまう傾向があるようです。奥さんが飲みや外食に行く頻度の許容範囲はどのくらいなのか、働く男性の意見を聞いてみました。

Q.奥さんが飲み(外食)に行くのはどれくらいの頻度ならOKだと思う?

1位 「月1~2回」……46%

2位 「週1~2回」……22%

同率3位 「昼間ならOK」……16%

同率3位 「飲みにいってほしくない」……16%

半数近くの男性が、月2回までならOKだと考えているようです。そう考える理由を見てみましょう。

【月1~2回】

■一緒に行く人限定で

・「月に1、2回程度、ママ友と行くぐらいなら問題ない」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「友だちとたまに食事に行って気分転換になるなら、全然いいと思う」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

女友だちとたまに行くくらいなら問題ないという意見です。コンパや男友だちと一緒に行くとなると、疑念を抱く旦那さんもいるので、誰と一緒に行くかを伝えて安心させることも大切ですよね。

■息抜きとして適切な頻度

・「適当な息抜きは大事だけど高頻度はNG」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「このくらいならストレス発散してほしい」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

月数回の外食でストレスが発散されるなら、むしろそれは家庭円満のためになると考える男性も。その楽しみが家事や育児を頑張るモチベーションになるといいですね。

■お金の無駄遣いにならない程度に

・「1カ月あたりの使用する金額を決めていればよい」(36歳/金融・証券/専門職)

・「あまり自分が稼いだ給料を無駄にしてほしくないから」(28歳/運輸・倉庫/その他)

飲みや外食はお金がかかるもの。1回につき数千円が飛んでしまいます。限度額を決めるのはもちろんのこと、それが理由で旦那さんのお小遣いが減ってしまうのは避けてほしいようです。

【週1~2回】

・「週末くらいは好きにしてもらってかまわない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「自分の時間がほしいので行ってもいい」(30歳/医療・福祉/専門職)

週に1回は、お互いに離れて過ごす時間を設けるのもアリだと考える男性もいるようです。自由な時間を持つことで、家庭生活のストレス軽減になりそうですね。

【昼間ならOK】

・「主婦なので夜はまずいけど、日中ならいいと思います」(23歳/その他/その他)

・「奥さんや彼女は、自分の所有物ではないと思っているから」(40歳以上/小売店/販売職・サービス系)

比較的自由に過ごせるお昼時間。旦那さんも仕事で不在の時間を利用してランチをする程度なら問題ないという意見です。過度な束縛はしたくなくても、どうしても夜の外出は不安に感じるものなのでしょう。

【飲みに行ってほしくない】

・「ひとりでは行ってほしくない。一緒に行きたいから」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

・「その時間を自分との時間に使ってほしいので」(28歳/その他/その他)

飲みに行くよりも自分との時間を優先させてほしいという意見です。少々束縛が強い印象もありますが、平日は毎日仕事に行くことを考えると、意外に奥さんと過ごす時間は短いものなのかも。

まとめ

妻が飲みにいく頻度として、46%の男性が「月1~2回」ならOKと答えた結果に。たまに外食に行くことは悪いことではありませんが、極端に頻度が高いと、あらぬ疑いをかけられたり、家計の見直しを迫られることになるかもしれません。あくまでも息抜きは良識の範囲内で行うことを心掛けたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月26日~10月17日
調査人数:106人(22歳~39歳の男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE