お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

20〜30代花嫁が選ぶ「理想の父親」ランキング。2位は舘ひろし、1位は?

#エンタメニュース

エボル

「PLACOLE & DRESSY」ブランドを展開する冒険社プラコレは、6月18日の「父の日」に合わせて、20代30代の花嫁インスタユーザー533名を対象に「理想の父親」に関する実態調査を実施しました。

2023年20〜30代花嫁533名が選ぶ「理想の父親」ランキング

20〜30代花嫁が選ぶ『お父さんにしたい芸能人』は一体誰なのでしょうか。調査の結果を見ていきましょう。

1位:木村拓哉さん

堂々の第1位に輝いたのは木村拓哉さん。SMAPとしてデビューし解散後の今はソロで活躍中です。

Cocomiさん・Kokiさんの父親でもある木村拓哉さんですが、SNSで時折見せる2人の娘さんとの関わりや仲睦まじい家族の姿が印象的ですよね。

木村拓哉さんと綾瀬はるかさんが主演を務める2023年1月公開映画『レジェンド&バタフライ』や、4月スタートの月9『教場0』でも主演を務めるなど、映画やドラマでの活躍も。「憧れの存在」「カッコよくて素敵なお父さん」「家族を大切にしてくれそう」などのコメントが寄せられました。

2位:舘ひろしさん

TBSドラマ『パパとムスメの7日間』で新垣結衣さんの父親役を演じた舘ひろしさん。西部警察やあぶない刑事の代表作では今の時代にも知らない人はいないでしょう。

俳優の後輩の面倒見も良いことでも知られ、優しく頼れる存在という印象が強いのではないでしょうか。「イケオジ」「優しくて頼れるお父さんのイメージ」などのコメントが寄せられました。

3位:福山雅治さん

歌手、そして俳優である福山雅治さん。福山雅治さんの『家族になろうよ』はウェディングソングとしても人気が高いですよね。また、主演映画『そして父になる』での父親役が印象に残っている人も多いのではないでしょうか?

最近では東野圭吾さんの小説が原作の福山雅治さんが主演を務める大人気シリーズ「ガリレオ」の映画最新作『沈黙のパレード』が2022年秋に公開。また、主演を務めるTBS日曜劇場『ラストマン―全盲の捜査官―』では高視聴率をキープしており、シンガーソングライターとしても俳優としても活躍されています。

「かっこいいけど面白いところもあるのが良い」「紳士的」などのコメントが寄せられました。

4位:竹野内豊さん

正統派二枚目俳優としてドラマや映画で大活躍の竹野内豊さん。TBSドラマ『義母と娘のブルース』では良き父親役を演じ、優しさとその裏側にある愛の深さがにじみ出たストーリーで視聴者を感動させました。

主演を務めるフジテレビの月9ドラマ『イチケイのカラス』が2023年1月には映画化にも。「穏やかな雰囲気が好き」「お父さんを演じている竹野内豊さんのやさしさが滲み出ていた」などのコメントが寄せられました。

5位:ムロツヨシさん

ドラマ、映画、舞台と幅広いジャンルで活躍するムロツヨシさん。自身初の主演映画『マイ・ダディ』、日本テレビ『親バカ青春白書』などで父親役を演じたことも印象に残っている人も多いのではないでしょうか。

「人柄の良さが伝わってくる」「愛情を注いでくれそう」「ドラマ(親バカ青春白書)のお父さんのイメージ、本当だったらいやだけど愛されてるのが伝わる」とのコメントが寄せられました。

その他にも!

賀来賢人さん:榮倉奈々さんと結婚し現在は2児の父でもある賀来賢人さん。『映画 おかあさんといっしょ』に出演するなど母親世代や子どもからの人気も。「真剣に向き合ってくれそう」「センスがいい」などのコメントが寄せられました。

反町隆史さん:私生活でも2人の娘さんの父である反町隆史さんは公の場でも度々娘さんとのエピソードを語ることも。ドラマでも父親役を熱演したこともあり良き父親の印象が強いという人も多いのではないでしょうか。「一緒にドライブとかしたい」「まさにイケオジ」などのコメントが寄せられました。

鈴木亮平さん:幅広い役柄を演じる実力派俳優である鈴木亮平さん。4月に公開された劇場版『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』も大ヒット中。「包容力がある」「優しそう」などのコメントが寄せられました。

出川哲朗さん:CMやバラエティ番組に引っ張りだこのお笑いタレント出川哲朗さん。バラエティ番組で見られる親しみやすい人柄が幅広い年代から人気を得ており好感度も高いタレントさんです。「楽しい家族になりそう」「一緒にいて楽しそう」などのコメントが寄せられました。

調査概要

表題:「お父さんにしたい」芸能人に関する実態調査
調査主体:プラコレウェディング
調査方法:Instagram ストーリーズ
調査期間:2023年5月22日〜6月2日
有効回答:533人

(エボル)

※この記事は2023年06月21日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
https://e-vol.co.jp
https://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#エンタメニュース」をもっと見る

MORE

SHARE