お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏の影響? いい奥さんになりそう……『モヤる言葉、ヤバイ人から心を守る 言葉の護身術』を発売

#エンタメニュース

フォルサ

大和書房は6月10日、『モヤる言葉、ヤバイ人から心を守る 言葉の護身術』を発売しました。

同書は、『生きづらくて死にそうだったから、いろいろやってみました。』『自分も傷つきたくないけど、他人も傷つけたくないあなたへ』などの作品で知られる作家・アルテイシアさんの新作。

「いい奥さんになりそうだね」「私だったら笑顔でかわすけど」「子どもがいるように見えない」「優しい旦那さんだね」「もう許してあげたら」など、モヤっとした言葉を言われた経験はありませんか? 同書はそんな言葉を受けて、職場のトイレで泣いていたすべての人に向け、「どうか元気にすこやかに暮らしてほしい」というアルテイシアさんの願いが込められた一冊です。

内容は、「悪気はないかもしれないが褒めるフリをした モヤる言葉」「迷惑すぎるクソバイスアドバイス型 モヤる言葉」「セクハラ・パワハラのセパ両リーグ開幕! 女性を標的にする ヤバイ人」「言葉の護身術でブロックしよう! 距離をとるべき ヤバイ人」。

特別付録として、実際にハラスメントに遭ったらどうする? 性被害に遭ってしまったら? など、法律の知識が学べる弁護士の太田啓子さんとの対談『今知っておきたい「法律の護身術」』も収録しています。

他人の言葉に影響を受けやすい人は、ぜひ呼んでみてはいかがでしょうか?

書籍概要

書名:モやる言葉、やばい人から心を守る 言葉の護身術
著者:アルテイシア
定価:924円

(フォルサ)

※この記事は2023年06月15日に公開されたものです

フォルサ

ライティング、編集、DTPまで手がける制作グループです。
“フォルサ”はポルトガル語です。「がんばれ!」と応援する言葉ですが、サポートするという意味もあります。女性の為になる情報を間口を広く扱っていきます。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#エンタメニュース」をもっと見る

MORE

SHARE