お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

脱毛・ムダ毛処理もれにご用心! みんなが特に念入りにケアしたい部位とは?

#ビューティーニュース

エボル

ヤーマンは、20代〜40代の男女1,334名を対象に「脱毛・ムダ毛ケア実態調査2023」を実施しました。

夏のお出かけ需要が本格化する2023年、特に気をつけたいのは?

4年ぶりの行動制限のないゴールデンウィークは、全国各地へお出かけする需要が回復。この夏も大型休暇を取る人が増えると予想されます。

多くの人の目に触れる“お出かけ”をするにあたり、ここ数年の中でも自身の身だしなみへの悩みを密かに抱えている人も少なくありません。

多くの人が「おうち美容」で自身の身だしなみに向き合ってきた中で、久しぶりに「相手にどう見られているのか」「どう見られたいか」を考えている人もいるのではないでしょうか。

そうした世の中の情勢を受けて今回、脱毛・ムダ毛ケアを含む身だしなみへの意識がどのように変化したのかを調査しています。

行動制限のない夏休み、男女共に最も一緒に出かけたいのは「パートナー」

4年ぶりの行動制限のないゴールデンウィークは、全国各地へお出かけする人がコロナ禍に比べて増加しました。そして、この夏も大型休暇を取る方が増えると予想される中、「既に予定を立てている(21.2%)」「お出かけしたいと考えている(37.3%)」と、全体の約6割が今年の夏のお出かけ意欲があると回答しました。

さらに、誰と出かけたいかを聞くと「パートナー」が最上位、お出かけ先としては「温泉旅館」「リゾート地」「キャンプ場」などが上位にあがりました。

久々に行動制限がないことが予想される今年の夏休みシーズンは、パートナーと少し遠出をしてリラックスする時間を過ごしたいと考える人が多いのかもしれません。

4人に1人が夏に備えて「脱毛・ムダ毛ケア」を実践したい

​今夏お出かけ意向のある男女1,110名に、夏のお出かけ前に準備したい(している)ことについて聞くと、男女共に4人に1人が「ヒゲ、脱毛・ムダ毛処理」を実践したい、もしくはしていると回答しました。

また、女性は「日焼け対策用品の準備(44%)」や「スキンケアの見直し(32%)」「毛穴ケア(26%)」といった回答が多く、夏期特有の肌トラブルに備える人が多いことが見受けられました。

お出かけ当日に気を使っていることについて尋ねると、男女共に「身だしなみや清潔感」が最多となりました。

男性は同性と会う際には気を使うことがない人が最多(36%)だったのに対して異性と会う際には「身だしなみや清潔感(48%)」に気を使うが最多、さらに「スキンケア」と回答した人が倍増しています。

一方、女性視点では身だしなみや体臭への配慮はもちろん、「服装」「髪」「肌」について気にかける人が多く見受けられ、会う相手問わず、気を使っているという回答を得ました。

お出かけにあたり、相手の気になる点は男女共に「身だしなみや清潔感」

自分自身の気を使っているポイントについて整理してきましたが、ここでお出かけする際や人と会う場所に行くにあたり、相手のどんな箇所が気になるかについて聞いてみたところ、相手の性別を問わずに「身だしなみ」や「体臭/口臭ケア」について25%以上の人が気にしているということがわかりました。

また、男女問わず「ヘアケア」「スキンケア」「ボディメイク」の項目では、会う相手が男性よりも女性の場合に気になると回答。女性と出会う際にはパッと見の外見だけではなく、髪質や肌質といった細かい部分も注目されている可能性があるということがわかりました。

具体的に気になる点としては、上位は男女共に「身だしなみ(服装・清潔感)」「ニオイ(体臭・口臭)」「髪型」「ムダ毛(ヒゲ、ワキ毛、腕毛、すね毛、うぶ毛など)」で、ムダ毛の中で「ヒゲ」「腕毛」「ワキ毛」の順に気になると回答が寄せられました。

マスクをしなくなったり、Tシャツやタンクトップなどの薄着になるこれからの季節、ムダ毛が生えやすいエリアでもあるこの3ポイントは特に押さえたいところです。

2人に1人が「ちゃめっ毛」で恥ずかしい思い?

お出かけ先での自身の恥ずかしい体験について質問をしたところ、44%の人が「ムダ毛をお出かけ先で発見した」と回答が寄せられました。

今夏に向けても多くの人が「ムダ毛ケア」を実践予定と回答しているなど、意識が高まっている中でも、残ってしまう「ちゃめっ毛」によって恥ずかしい思いをした人が、特に女性では約半数(52%)と多くいることがわかりました。

今年もお出かけシーズンでもあり、肌の露出が増え脱毛・ムダ毛ケアへの関心が高まる夏が近づいてきました。そこで、今夏特に力を入れて脱毛・ムダ毛ケアを行いたい部位について聞くと、上位は「眉毛」「脚(すね・ひざ下)」「ワキ」「眉下」「脚(太もも・ひざ上)」となりました。

マスク生活の中でも比較的他人からも見られる機会が多かった「眉周辺」や、出会った人の気になる所としても挙げられていた「ワキ」は今夏も引き続き関心が高い傾向。

そして、今年はお出かけ先として温浴施設やリゾート地を考えている人が多いことから「脚」を出す機会が増加する予兆もあり、この部分の脱毛やムダ毛ケアがトレンドとなりそうです。

機器でのお手入れの課題は「使用にあたっての不安感」

ムダ毛ケアを一切していない人を除く男女982名に脱毛・ムダ毛ケアをする理由について質問すると、1位は「毛がない方が清潔感があるから(51.9%)」となり、「毛がない=清潔感がある」という認識が、男女共にあることがわかりました。

「清潔感」は出会った相手の気になるポイントとして男女を通じて最も回答数が多く、「人に対して清潔感を求める」からこそ、自分自身も人から「清潔感」を求められると感じ、結果として「ムダ毛ケア」に力を入れる人が多いのではと推察ができます。

清潔感を得ることや身だしなみを整えるために美容家電を購入したことがあるかを質問したところ、38.9%の人が「はい」と回答。「いいえ(欲しいけれど購入したことはない)」と回答したのは27.2%にのぼり、約7割が美容家電を用いて清潔感を出すことに関心があることがわかりました。

また、「欲しいけれど購入したことはない」と考えている人を含めて、これまで美容家電の購入に至らなかった人の要因について尋ねると、「購入金額が高いため(66.4%)」を除くと「実際に効果が出るかが分からない(32.2%)」「メンテナンス維持が大変そう(25.7%)」「使いこなせるか不安(19.2%)」など、実際使用するにあたっての不安が多くあることが判明しました。

お出かけ意欲が高まる中、人と会うときに気になる「清潔感」。そしてそれを大きく左右する「脱毛・ムダ毛ケア」は、今後すごく重要なケアを言えるかもしれません。脱毛サロンはもちろん、自宅で使用できる美容家電も多く販売されています。自分にあった脱毛・ムダ毛ケアを考えてみてはいかがでしょうか。

調査概要

調査方法:インターネット
調査期間:2023年5月実施
調査対象:1,334名(20〜40代男女)
ヤーマン株式会社 調べ

(エボル)

※この記事は2023年06月15日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
https://e-vol.co.jp
https://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ビューティーニュース」をもっと見る

MORE

SHARE