お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合ってないのに手を繋ぐ男性心理とは? 脈ありor遊びの見分け方

アーリちゃん

付き合ってない男性から手を繋がれたら、驚きますよね。どんな気持ちで手を繋いできたのか、男性心理を見極めたいところ。この記事では、付き合ってないのに手を繋ぐ男性心理と、本気か遊び目的かの見分け方を紹介します。

まだ付き合っていない男性から手を繋がれたら「自分に好意があるのかな……?」 とうれしくなりますよね。ですが、男性は特別な好意がなくても手を繋ぐことがあるのをご存じでしょうか。

本記事では、付き合っていないのに手を繋ぐ男性心理を解説します。また、手を繋がれた時の対処法や、女性から自然に手を繋ぐコツも紹介するので、参考にしてください。

付き合ってないのに手を繋ぐのは脈あり?

付き合っていないのに手を繋ぐのは、脈あり・脈ありでない場合共にあり得ます。好きな人にしか手を繋がない男性がいる一方で、手を繋ぐ程度ならばただの友達とでもOKな男性もいるからです。

例えば、共学や女兄弟の環境で育った男性の中には、女性へ触れるのに抵抗が少ない人がいるかもしれません。そのため、手を繋がれてもすぐに「脈ありだ!」と判断しないよう注意しましょう。

付き合ってないのに手を繋ぐ男性心理

付き合ってないのに手を繋ぐ男性の心理はどういったものなのでしょうか。代表的な心理を5つ紹介します。

(1)好きで手が勝手に動くから

男性は相手を好きな場合、「愛おしい」「温もりを感じたい」などの理由でつい手を繋ぎたくなってしまうもの。理由は特になく、その時の気分で自然に繋いでしまうのです。

ただし、2人の距離感がまだ遠い場合、我に返って躊躇する場合も。自然と良い雰囲気になって手を繋ぐのは、ある程度親しくなった時に起こりやすいと言えるでしょう。

(2)好意を伝えたいから

男性は、好きな女性に自分の好意を伝えたい時、手を繋いで自分の気持ちに気づいてもらおうとします。異性として意識してもらい、今より関係を深めたいという意図で手を繋ぐのです。

また口下手な人の場合、言葉より態度で好意を示す方が楽だから、という理由も考えられます。

参考記事はこちら▼

口下手な男性の魅力について女性たちに聞いてみました。

(3)反応を見たいから

相手の反応を見たくて、付き合ってないのに手を繋ぐ場合もあります。どうして反応を見たいのかは、以下の3つです。

脈ありか脈なしかを確認する

男性は相手を好きな場合、手を繋いだ時の反応から「脈ありか脈なしか」を確認します。確実に好意を持たれていることを確認した上で、告白したいからです。相手が手を握り返してくれるならば「脈あり」、拒絶したら「脈なし」が判断基準です。

告白して振られたくない男性ほど、脈ありか脈なしかをじっくり確かめます。「脈あり」を確認してから告白する男性の場合、手を繋ぐことを拒絶されると、女性からのアプローチがない限り恋愛に進められません。もしも好きな男性が手を繋いできたら、拒絶しないようにしましょう。

男慣れしているかを確認する

手を繋いだ相手の反応を見て、「男慣れしているか」を確認することもあります。拒絶したら「男慣れしていない」、拒絶しないなら「男慣れしている」といった判断方法です。また、緊張しているかどうかも判断基準の1つです。

参考記事はこちら▼

「男慣れしてる」と思われる女性の特徴やそう思われないためのポイントについて、社会人男女にとったアンケートや専門家のコメントをもとに紹介します。

照れる反応を見て満足する

女性の「照れる反応を見て満足する」ために、付き合っていないのに手を繋ぐ場合があります。女性のかわいい反応を見たいのです。困っている顔を見て楽しむ、ちょっぴりSっ気がある男性に多いです。

(4)エスコートしたいから

人混みではぐれそうな時や車が危ないと感じた時、何かにぶつかりそうになった時など、女性をエスコートしてあげたいという心理から、手を繋ぐ場合があります。

女性をエスコートしたい理由は、それが自然にできるジェントルマンだから、または好きな人らからという2通りが考えられるでしょう。

ジェントルマンの場合はただの思いやりで、これといった好意や下心はないことも。エスコートすべきシチュエーションが終わった後も手を繋いだままならば、脈ありの可能性が高いです。

(5)酔っぱらっているから

男性は酔っぱらった時、女性の手に触れたくなったり、人肌恋しくなったりして手を繋ぐ場合があります。

シラフならば好意のある女性が対象となりやすいですが、かなり酔っている状態ならば誰でも良い可能性があるため、注意しましょう。

▶次のページでは、手を繋いでくる男性の本気度を見極める方法をご紹介します。

次のページを読む

SHARE