お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ご心配ありがとうございます」は上司に使える? 意味や注意点を解説

にほんご倶楽部

「ご心配ありがとうございます」の注意点

「ご心配ありがとうございます」はどんな立場の人にも使用できる便利な言葉ですが、気を回さなくてはならないポイントも。

そこで次に、「ご心配ありがとうございます」を使う時の注意点をお伝えします。

(1)「恐縮です」が適したシーンも

感謝の気持ちを示す「ご心配ありがとうございます」の言葉ですが、どんなシーンにもふさわしいというわけではありません。相手の行動や気遣いによっては、「これだけしたのに軽くないか……?」と暗に思われてしまう可能性があります。

自分のせいで大きな負担をかけたのであれば、「ありがとうございます」の代わりに「御心配いただき恐縮です」を用いてみてください。申し訳なく思っているという気持ちが伝わるはずです。

参考記事はこちら▼

ライティングコーチの前田めぐるさんに、「恐縮」の意味や使い方、例文を解説してもらいました。

(2)クッション言葉を用いる

相手に気遣ってもらったのなら、自分も思いやりの心を忘れてはいけません。

常に忙しくしている相手であれば、「ご心配ありがとうございます」の前に「お忙しい中」や「ご多忙にもかかわらず」を組み合わせてみましょう。

▶次のページでは、「ご心配ありがとうございます」の言い換え表現を紹介します。

次のページを読む

SHARE