お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

不倫はどこから? 男女200人に聞いた「世間の定義」と「法的の定義」の違い

丸山りさ(まる)

不倫はどこから? セックス、キス、手を繋ぐ、2人で飲む、LINEなど、感覚的な線引きは人それぞれでしょう。また、不倫は法的に定義されるものでもあります。今回は男女200人へのアンケート調査から世間の定義と法的な定義を比較していきます。

「不倫」の定義とは何なのでしょうか?

法的な定義の他、「配偶者以外と手を繋いだら不倫」「キスをしたら不倫」「2人で出かけたら不倫」「セックスをしたら不倫」など、人によって異なる感覚の線引きもあります。

今回は、どこからを不倫と言うのかについて、20〜40代の男女200人を対象にアンケート調査を実施。世間が思う不倫の定義と、法的な不倫の定義について解説します。



どこからが不倫? 男女200人にアンケート調査

世の男女はどこからを不倫だと考えているのか、まずは男女200人にアンケート調査をしてみました。世間が思う不倫の定義から見ていきましょう。

一般的にはどこからが不倫だと思う?

世間の定義を調べるため、こんな質問をしてみました。

Q.既婚男女において「不倫」に含まれると思うものを選んでください。

第1位……セックスをする(78.5%)
第2位……キスをする(70.0%)
第3位……2人きりでお泊りをする(63.5%)
第4位……2人きりで旅行へ行く(57.0%)
第5位……手を繋ぐ(48.0%)
第6位……2人きりで休日遊びに行く(42.5%)
第7位……2人きりで飲みに行く(25.0%)
第8位……2人でプライベートなLINEをする(23.5%)
※有効回答数200件。複数回答式、その他除く

男女共に「セックス=不倫」が多い



アンケートを見ると、男女共に「セックスをする」ことで不倫となると回答した人が最も多い結果になりました(男性85.0%、女性72.0%)。

次いで「キス」「お泊まり」「手を繋ぐ」と続きます。

不倫の定義は人によってさまざまですが、配偶者以外と肉体的な接触があることを線引きとして認識するケースが一般的なのかもしれません。

「LINE」や「2人で飲みに行く」は男性の方が厳しい意見



意外だったのは、「LINE」や「飲みに行く」行為における意識の男女差。LINEの場合は男性27.0%に対し女性20.0%、2人で飲みに行く場合は男性33.0%に対し女性17.0%という結果になりました。

具体的なスキンシップを伴わない行為について、男性の方が不倫の線引きは厳しめであるようです。

特に「飲みに行く」に関しては圧倒的に男性の回答者が多い結果となりました。

男性自身が異性と2人で飲みに行く際、そこには少なからず下心があるのかもしれません。その気持ちが分かるため、不倫の線引きになるのでしょう。一方の女性は、飲み会をもう少しラフな場として考えているようです。

▶次のページでは、法的な不倫の定義を解説します。

次ページ:法的な不倫の定義とは

SHARE