お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

私のことどう思ってる? 付き合う前に彼の気持ちを聞く方法

夏目椿(夏椿)

意中の男性の気持ちが分からず「私のことどう思ってるの?」と気になっている人もいるでしょう。しかし、付き合う前に直接聞くのは、なかなか気が引けるものですよね。この記事では、まだ付き合っていない相手の気持ちを知る方法について紹介します。

意中の相手と仲が深まってきたものの、告白が成功する確証を得られない時、「私のことどう思ってるんだろう」と不安に思うこともあるでしょう。

しかし、付き合う前の関係性でそこまで踏み込んだ質問をするのは、なかなか勇気のいることですよね。

この記事では、付き合っていない相手が自分のことをどう思っているのか確かめる方法を紹介します。

【直球編】私のことどう思ってる? 付き合う前に聞く方法

意中の相手に対して「私のことどう思ってる?」と気になるなら、勇気を出して直接的に聞くのが手っ取り早いでしょう。

ここでは、直球で聞く時の具体的なセリフを紹介します。

(1)「私のことどう思ってる?」

まずはストレートに、どう思っているのかをそのまま聞く方法です。

あなたが直球の質問をすることで、相手は素直に気持ちを教えてくれるかもしれません。

ただし、場合によっては「どうって言われても……」と回答に困ったり、「別に」など曖昧な返事をしたりということも考えられます。

その場合は、あなたから先に彼をどう思っているのか気持ちを伝えて、相手の回答を促す必要があるでしょう。

(2)「私みたいな女性をどう思う?」

やや間接的に「私みたいな女性をどう思う?」と聞くのもおすすめ。あくまで「私」のことではなく、好み全般の話として質問できるので多少聞きやすいかもしれません。

もしくは「今日の私みたいな感じはどう?」とすれば、よりカジュアルな雰囲気で聞けるでしょう。

相手の好きなタイプに関心があることと、そのタイプに歩み寄ろうとしているニュアンスが伝わればアピールにもつながります。

(3)「私じゃダメだよね?」

謙遜したニュアンスを持たせて「私じゃダメ?」と聞くのも1つの方法です。

この言葉の裏には「私はあなたをすてきだと思っているけれど」という気持ちを含ませることができるため、勘の良い男性ならあなたの気持ちに気づいてくれる可能性があります。

ただし、自分自身を下げる聞き方なので、ネガティブな印象を与えることも考えられます。会話のどのタイミングで聞くのが良いか、流れを見極めることが大切です。

【間接編】私のことどう思ってる? 付き合う前に聞く方法

相手や関係性によっては、直球で聞くよりも間接的な聞き方をした方が良い場合もあるでしょう。

ここでは、間接的に「私のことどう思っている?」と聞く方法を紹介します。

(1)恋愛相談をする

好きな人の名前は伏せたまま、相手に恋愛相談をしてみましょう。

この時のポイントは、好きな相手が彼だと分かるようそれとなくヒントを散りばめながら話すこと。それを受けて相手がどんな反応をするか、しっかり観察してみてください。

相談の中で「相手が私のことをどう思ってるか分からなくて不安」という内容に触れれば、間接的に気持ちを伝えられるかもしれません。

(2)デートに誘う

あなたから2人きりのデートに誘ってみるのも良いでしょう。デートに誘うことであなたの気持ちをアピールできると同時に、相手の反応もチェックすることができます。

デートの中で、恋愛観なども聞き出してみましょう。

(3)共通の知人に聞いてみる

相手に直接アクションを起こす勇気が出ない場合は、共通の知人に彼の気持ちを聞いてみるのも1つの手。

客観的に見てどう思うか、意見をもらってみましょう。

ただし、その人の気持ちは本人にしか分からないというのが大前提。あくまでヒントにする程度にしましょう。

付き合う前に「私のことどう思ってる?」と聞くのはアリ!

意中の相手が自分のことをどう思っているのか、直接聞くのはとても勇気がいることですよね。場合によっては、傷ついたり関係性にひびが入ったりする可能性もあるでしょう。

しかし、「私のことどう思ってる?」と聞くことで関係性を進展させる後押しになることもあります。

恋愛を成就させるには行動あるのみです! ぜひ記事の内容を参考にしてみてくださいね。

(夏目椿)

※画像はイメージです

※この記事は2022年09月22日に公開されたものです

夏目椿(夏椿)

元英会話スクール勤務、現在は小説も書くWebライター。アメリカにホームステイの経験あり。学生の頃から1日に5本観るほどの映画・ドラマ好き。経験を生かした得意分野記事は英会話・エンタメ(海外ドラマ・洋画)・転職・遺品整理・恋愛・婚活。読者のタメになる、ちょっと変わった視点の記事を発信することを心掛けている。

この著者の記事一覧 

SHARE