お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きなタイプがわからない理由は? その心理と好みの見つけ方

赤松茉怜

恋愛において自分の好きなタイプがイマイチわからないという人もいるでしょう。恋バナになった時、何と答えようか困ってしまう人もいるはず。この記事では、好きなタイプがわからない理由とその心理、好みのタイプの見つけ方を紹介します。

恋愛話をきっかけに「好きなタイプは?」と聞かれることは少なくないでしょう。しかし、自分の好きなタイプが明確にわからない時は、パッと答えられず困ってしまいますよね。

そこで今回は、好きなタイプがわからない理由とその心理について紹介していきます。

また、自分の好きなタイプを見つける方法も提案しますので、ぜひ参考にしてみてください。

好きなタイプがわからない理由とは?

まずは、なぜ自分の好きなタイプがわからないのかについて、考えられる理由を見ていきましょう。

(1)今まで好きになった人のタイプがバラバラだから

過去の恋愛は、自分の好きなタイプを把握するヒントになります。これまで好きになった人を比較して何かしらの共通点が見つかれば、それが好きなタイプだといえるかもしれません。

しかし、今まで好きになった人のタイプが全くもってバラバラだと、そこに共通点を見出すのは難しいといえます。

そのため、自分が好きなタイプがわからなくなってしまうのでしょう。

(2)気付いたら好きになっていることが多いから

誰かを好きになる瞬間は、自分自身でも無意識なことがありますよね。一緒に過ごす時間が増えるうち、気付いたら特別な存在になっていた……なんてことも。

過去の恋愛においてそのようなパターンが多い場合、自分が相手のどんなところにひかれるのか傾向をつかみづらく、好きなタイプがわからないと感じるのかもしれません。

(3)恋愛経験が少ないから

過ごしてきた環境に恋愛対象となる人が少なかったり、恋愛以外のことに没頭してきたりといった理由で、恋愛経験が少ない人もいるでしょう。

その場合、参考となるデータが少ないため、自分が好きなタイプを特定しづらいということもあるようです。

好きなタイプの見つけ方

好きなタイプを見つけるには、過去の経験を振り返ったり、理想の恋愛を想像したりすることがヒントになることもあります。

ここからは、自分の好きなタイプを見つけるコツを紹介します。

(1)過去に好きだった人の特徴を挙げてみる

恋愛の傾向をつかむには、過去の経験が何よりものデータとなります。

これまでの恋人や好きになった人のことを思い出し、どんなところが好きだったのか具体的に挙げてみましょう。

外見のことだけでなく、内面や仕草などさまざまな視点で項目を挙げていくことで、好きになる人の共通点が見えてくるかもしれません。

(2)苦手だと感じるタイプを整理する

好きなタイプを見つけるには、その反対の苦手なタイプを知ることも参考になります。

例えば、自分勝手な人が苦手である場合、共感力のある人や気遣いのできる人が好きなタイプとして候補に挙がってくるでしょう。

逆説的に考えることで、自分の好みが見えてくるかもしれませんよ。

(3)好きな有名人やキャラクターの共通点を挙げる

有名人やキャラクターの中に、好きなタイプの共通点が見つかることもあります。

「優しい話し方が好き」「盛り上げ上手なところが魅力的」など、ひかれる部分を具体的に挙げてみましょう。

ただしこの場合、見た目の好みに偏りやすい傾向があるため、いろいろな角度から特徴を挙げていくのがおすすめです。

(4)友人に意見をもらう

自分で好きなタイプがわからない場合は、気心の知れた友人に意見をもらうのもおすすめです。

第三者の意見は、自分が気付かなかったことを知るきっかけになります。あなたのことをよく知っているからこそ分かる、相性のよいタイプもあるはずです。

(5)人と接する機会を増やす

好きなタイプがなかなかわからない時は、人と接する機会を増やしてみるのも良いでしょう。

あらゆる人と関わることで、「話しやすいな」「雰囲気がすてきだな」など好印象を抱く要素が見えてくるかもしれません。

(6)理想のデートを想像してみる

好きな人とデートをするならどんなシチュエーションが楽しいと感じるか考えてみるもの方法の1つ。

例えば、恋人とキャンプをするのが理想だと思うなら、インドアな人よりもアウトドアな人が好みに近いかもしれません。

「恋人とどんな時間を共有したいか」という観点から、好きなタイプを見つけていくのもおすすめです。

(7)恋愛に求める条件を整理する

恋愛に求める条件は、年齢やその時々の状況によっても変化していきます。例えば、学生と社会人とでは、恋愛に求めることは多少変わってくるでしょう。

友人のような関係性を求めるのか、結婚相手を求めているのかなど、1つ1つ条件を整理することも好きなタイプを見つけるヒントになります。

好きなタイプがわからない時は多角的に整理してみよう

自分の好きなタイプがわからないのには、さまざまな理由があるでしょう。

無理に見つける必要はないかもしれませんが、ある程度傾向が見えてくると、恋愛に対する意欲はより高まるかもしれません。

過去の経験や理想を整理してみて、好きなタイプを見つけるヒントにしてみてはいかがでしょうか?

(赤松茉怜)

※画像はイメージです

※この記事は2022年09月16日に公開されたものです

赤松茉怜

30代ママライター。音楽や子どもに関わる仕事を経験し、現在は子育てしながらライター活動中。知識を増やし、自身の経験も生かしながらライティングの幅を広げていきたいと奮闘中。

この著者の記事一覧 

SHARE